comment 1

WordPressブログのURL変更に失敗!Evernoteが救世主!

独自URLを変更した理由

これまでも独自ドメインで運営していたのだけれど、別のドメインに変更することにした。
見切り発車のプロである僕は、内容もタイトルもはっきりしないうちにちゃっかりドメインを取得して、ブログ開始。
何度かタイトルを変えるうちにtumblrのブログ名「cocolo chronicle」がしっくり来るようになった。
そうなると、URLとブログ名がまったく違うものになってしまう。
URLとブログ名が違うからって気になるヒトはいないだろうし、もしいたとしても定期読者の少ないこのブログなら、その数は片手で足りるだろう。
しかし、一番の読者である僕がしっくりこないんだから仕方ない。
とりあえず「cocolochronicle.com」のドメインだけは取得しておいたものの、引っ越し作業がめんどくさそうなのでずっと放置していた。
まだ始めて一年ちょっとの今のうちに、やっといたほうが後々いいかなぁと思い、ついに作業に踏み切ることにした。

移行は見事に大失敗

WordPressファイルをサーバー上のある場所から別の場所へ移動すること-例えばそのURLを変更すること-には特別な注意が必要です。

引用元: Moving WordPress – WordPress Codex 日本語版.

WordPressも警告するように、おんなじサーバー上でURLを変更することは、それなりに厄介だった。
そして、浅い理解と薄い準備で行った作業は、見事に大失敗。
まともにバックアップ作業もしていなかった僕のブログは、復元のヒントさえ見つけることが出来なくなった。

困った。
困ったけれど、ある意味ではいい機会。
とりあえず見切り発車でブログを開設し、書きながらアレコレ身につけてきた僕のブログ記事は、振り返るとレイアウトや表現がイマイチなものが目につくようになっていた。
そんなものにもちょこちょこアクセスしてくれるヒトはいて、どこかで書き直したいなぁと思っていた。
今回は、それをやり直す良い機会。
なんかアレなものは、潔く削除し、残したいものは書きなおすことにした。
内容を深めることは出来ないけれど、見てくれだけはちょっとだけ整えることが出来る。
そうはいっても、WordPressの中にあるものには一切アクセスすることが出来ない。

そこで僕を助けてくれたのはEvernoteだった!

これまで、まともにバックアップをしていない代わりに、書き終わった記事をEvernoteに保存していた。
それは特に何かを考えて実行していたわけではないけれど、ただただなんとなくやっていたことなのだけれど。

Evernote Web クリッパーを使用

ブラウザで記事を丸ごと保存

Evernote Web クリッパー画面

画像やリンク情報を含んだノートを作成してくれる

Evernoteに保存された記事

こうして保存されていたノートから、コピペし、リンクを貼り直し、修正しながらなんとかかんとか作り直す作業は完了。

こんな20世紀的な作業は誰にもおすすめできないし、まともにバックアップをとっておくのが一番。
だから「BackWPup」を使って、しかもサーバーの外であるDropboxにきちんとバックアップしておくことにした。
でも、この非生産的な作業も続けていくんだろうな、きっと。
念には念をというよりも、困ったときにはアナログが頼りになるという古い信条に基づくものだけれど…

Evernoteを試してみる
Filed under: Evernote, WordPress

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo