comments 4

WordPressテーマ変更 シンプル、ミニマル、レスポンシブな『Moka』で「Less is More」にしたいんだけど…

ブログを始めたばかりの頃、右も左も意図も効果もよくわからないまま、とりあえずあれこれくっつけたウィジェット等が、だんだんとうるさく感じるようになってきた。
アレコレ貼り付けたブログを眺めていると、折込チラシに落書きしているような気がしてくる。
ZEN 2.0』を使用したtumblrブログを眺めるうちに、WordPressのブログもよりシンプルにしたくなった。
ZEN 2.0』は、本当にミニマルで気持ちいい。

関連記事:tumb lrテーマ変更 シンプル、ミニマル、レスポンシブな『ZEN 2.0』で「Less is More」を実感!

というわけで、『Moka』をインストールすることに。
Elmastudioには、これまで『Waipoua』でお世話になっていた。
きちんとレスポンシブに対応してるし、読みやすいし、なんら不満を感じることはなかった。
ただよりシンプルなものを探してみると『Moka』がリリースされていた。
トップの画像を見てもらえばわかるように、本当に余分なものはなくスッキリしてる。

僕の感じた特徴を3つ。

1.アイキャッチ画像を設定するとでっかい画像を表示する

この記事のトップ画像も、設定したアイキャッチ画像。 1070px maximum widthまでイケるらしい。
これまで、アイキャッチ画像の設定は苦手で敬遠していたけれど、これは楽チン。
アイキャッチ画像さえ設置してしまえば、別途記事のトップに画像を貼りこむ必要もなくなる。

2.フロントページ

いわゆる通常のブログページ以外に、フロントページの設定が出来る。
ここでいうと『Blog』をクリックすると、通常のブログのように、記事が投稿順に並んでいるお馴染みのレイアウトで表示される。
しかし、『Home』をクリックすると、自分で数を設定できる最近の投稿記事の一覧や、自分の好きな言葉をでっかく表示してくれる『Big Quote』、これまた著者情報をでっかく表示してくれる『About』等の一覧ページが作成できる。

3.Archiveページが自動で出来上がる

Archiveページのテンプレートを選択するだけで、『Archive』ページを自動で作成してくれる。
ここではポピュラータグの一覧や、最近投稿した30個の記事の一覧、月ごとのアーカイブを完全自動で作成し、表示してくれる。
また、余談ながら、『Search』ボタンをクリックすると、『Big Quote』ばりに文字がでっかく表示されてなんだか面白い。

4.まとめ

Elmastudioはドイツにあるので、解説は英語とドイツ語でしかしてくれないけれど、どちらもアレな僕でもチュートリアルビデオを見ながら設定できたので、そのハードルは高くない。
情弱な僕でもとりあえず使うことはできるし、情強なお人なら、よりアレコレ使い込むことが出来るだろう。
スッキリとしたミニマルなテーマを探しているヒトにはオススメ。

しかし、問題点がひとつだけ。

このテーマ自体には、何の問題ないのだけれど、テーマがシンプルになればなるほど、より内容が浮き彫りになる。
同じテーマで作成されたサイトの例を見ると、どれも素晴らしい。 しかし、写真も撮れない、大した記事も書けない自分のサイトを見ると、ちょっと寂しくなってくる。
「Less is More」を狙ったつもりが、「Less than ZERO」にならないようにしないとなあ。。。