TumblrとWordPressのそこはかとない融合

TumblrはTumblrで、WordPressはWordPressで、それぞれの持ち味を発揮させたまま併用するのが僕にはベスト。
しかし、おんなじアバタロウという人間がやっているのなら、まったく分離しているのではなく連携してるといいなぁと思ってアレコレやってみた。

1.Jetpackで自動投稿

Jetpackのバブリサイズ共有を使えば、TwitterやFacebookと同じように、WordPressで書いた記事をTumblrにも自動で投稿してくれる。

共有設定_‹_COCOLO_CHRONICLE_—_WordPress

Tumblrではこんな風に表示される

Simple_Follow_Me_Social_Buttons____-_COCOLO_CHRONICLE

リンクをクリックするとTumblrで展開されるのではなく、WordPressに飛んで行くので、WordPressで設定したテーマのもと、読みやすい状態で記事を読むことが出来る。
投稿の詳細設定でつけたタグも反映される。
ココからチラホラ記事を読んでくれている人もいる。
で、せっかく読んでもらうのであれば、WordPressのテーマ上で読んでもらうほうが快適。
Tumblrで、長文テキストの記事をダッシュボードから読むと、明朝体テキストの羅列になってしまって、ちょっと読む気が失せてしまう。
だから僕は、Tumblrというプラットフォームにまとめることはせず、テキストを快適な状態で読めるWordPressを存続させたまま共生させることを選んだ。

Tumblrでフツーのブログを作るときの注意点 | COCOLO CHRONICLE
関連記事

 

2.Tumblrウィジェット

WordPressだけの読者にも、Tumblrで流れてくるアレコレを見せてあげたいなぁと思ってウィジェットに表示することにした。
ま、誰も望んでないかもしれないけど(笑)

Tumblr Widgetはプラグインなので、カンタンな入力ですぐに使うことが出来る。

Tumblr_Widget

 

ポイントは、表示するものしないものをタグで選択できるところ。
地道にTumblrでタグ付けしといてよかった。
僕は、「words」というタグのものだけ表示されるように設定。
デスクトップのブラウザからならサイドバーに、iPhoneからなら右上のボタンをタップすると開くとこに、こんな感じのものが表示される。

僕がTumblrでリブログしていけば、ウィジェットに表示される内容も自動で更新されていく。

3.プロフィールページの共有

WordPressでこしらえたAbout Meというプロフィールページを、Tumblrにも設置。
Tumblrの「テーマの編集」から「ページの追加」で、このプロフィールページにリダイレクトするだけでいい。

カスタマイズ___Tumblr

Tumblrで「このヒト誰?」ってクリックするとWordPressのプロフィールページが開くようになる。

まあ、イマドキの流れに反して、詳細は一切わからず、大変に共感ポイントが低いプロフィールなので、なくていいという説もあるけど…

Filed under: Tumblr, WordPress

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。