comment 0

Tumblr本家が教えるフォロワーを増やす方法

「どうすればフォロワーを増やせるの?」
という質問は、TumblrにとってFAQ中のFAQであるらしい。
「それには魔法のように簡単な方法はないけれど、オススメの方法はこれ!」
と、Tumblr本家が具体的な方法を教えてくれている。

tumblr_inline_ns5t5cwMc21qffspy_540

1.本当にクールなオリジナル投稿を

休暇中のあなたの恥ずかしい画像や奇抜なGIFは、誰かを夢中にさせるかもしれない。そしてもし、あなたが情熱を傾けているものに説得力のあるポストが出来れば、ファンが獲得できるかもしれない。

いや本当に、クールなオリジナル投稿が連発できればコレに勝るものはないだろう。
Tumblrの住人のアンテナにひっかかれば、それはぐるぐるリブログされていく。
古いも新しいも関係ないTumblrの時間軸の中では、何年にもわたってダッシュボードに幾度となく現れるポストもある。
クールなポストに「これは誰?」と、あなたのダッシュボードをチェックして、そこに幾つかのココロひかれるものがあれば、それは即座にフォローされるだろう。

所詮リブロガーの僕は、オリジナルにナニカをこしらえることはできない。
しかし、クリエイターになれない人も悲観することはない。
TumblrのブックマークレットTaberarelooを使って外の世界から投稿すれば、クールなものをTumblrセカイに持ち込んでくれる得難いキュレーターとしてファンは増えていくだろう。

2.タグ付けしよう

タグさえもなしで、あなたのソウルメイトが一体どうやってあなたのTumblrブログを見つけられるの?

インターネットという広大なセカイは、何の手がかりもなしに歩くには広大だ。
有名人やビッグキーワードのランプの灯った超高層ビルの暗い足元では、挨拶しようにも顔の位置さえ分からない。
だから僕らは、タグという提灯を目印にこの広大なセカイのとっかかりを見つけるのだ。
僕もせっせとタグ付けし、タグクラウドも表示させている
僕のフォロワーさんたちが、どれほどこれを目印にやってきたのかは僕にはわからないが、少なくとも僕が何か良さげなものがないかと潜る時には、やっぱりタグに頼ってる。
パワーアップしたTumblrの検索機能も合わせれば、あなたというアカウントは理解されやすくなるはずだ。

3.まずフォローしよう

あなたが関心を与えれば、彼らはそれを返してくれるだろう。

こちらが能動的に誰かさんを探しに行く場合以外に、反応されることによってその存在に気づくこともある。
自分のポストにリブログや「スキ!」の反応をくれた人たちを僕はちょこちょこチェックする。
それは反応を確かめるというよりも、良さげなアカウントを探すため。
僕のポストに反応してくれる人たちは、同じ匂いの宝の山を持っている。
僕の経験では、この方法が一番イイ!アカウントを見つけることができた。
だから気になるアカウントを見つけたら、まずはフォロー!
さらに、気軽にやりとりができるようになったメッセージ機能で、気になるお人にメッセージを送ってみてはどうだろう?
冷たくはねのける人は、Tumblrセカイにはいないはず…

tumblr よいフォロー先を見つけるために リブログや「スキ!」の反応をチェック! | COCOLO CHRONICLE

がんがんリブログされたいし、どしどしフォローして欲しい! しかし、それは「こんなに増えたぜ!」という自己顕示欲のためではない。 ただただ、よいフォロー先を見つけるため。 逆説的になるけれど、リブログや「スキ!」の反応が増えるほど、よいフォロー先を増やすことが出来る。 TwitterやFacebookのある種のアカウントのように、商売道具としてtumblrを利用しているわけではない。 …

4.検索エンジンにのっけよう

GoogleやYahoo!の検索エンジンにのっければ、Tumblrセカイの外でも表示されるよ。

Tumblrブログ設定プライバシー

デスクトップのブラウザから自分のブログ設定画面を確認すると、このスイッチがONになっている。
そのおかげで、Tumblrセカイの外のGoogleやYahoo!の検索結果にあなたのポストが引っかかる。
そうすれば、Tumblrセカイを意識していないただ検索しただけの人たちも、あなたのTumblrブログに導くことができる。

逆に言うと、表示させたくない場合は、このスイッチを切っとかなきゃいけない。
目的やブログの内容によっては表示させたくない場合もあるだろうし、ご注意を!

http://alog4.tumblr.com/post/131601672528/support-follow-you-follow-me-were-frequently

Filed under: Tumblr

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...