Tumblrで普通のブログを作ってみる(3)エディター使いづらいかも

Tumblrのサブブログで普通のブログをこしらえて、いくつか記事を書いてみた。
確かにアレコレは出来るようにはなってるものの、普段WordPressのエディターを使っている身としては、若干の使いづらさを感じてしまう。

機能的には問題なし

http://nihongo.tumblr.com/post/109481457507/tumblr

いわゆる普通のブログを作る機能は備わっているし、WordPressで作るような記事は作れる。
しかし、普段WordPressのエディターを使っている僕としては、レスポンスの悪さとともに使い勝手に違和感を感じてしまう。

編集画面の違い

このスクリーンショットではわかりづらいが、Tumblrでは、小さなウィンドウでちまちまと作業をしなければならない。
なおかつ、必要な機能を呼び出すときの若干のタイムラグと編集位置の調整のもたつきに、作業が止まることがある。

Tumblrエディター

WordPressでは、編集画面の大きさとともに、よく使う項目がボタンとして表示されていて操作性がイイ。

WordPressのエディター

iOSアプリとの機能差

これはTumblrだけではなくWordPressもそうだけど、iOSアプリとブラウザのエディターでは機能差があって、iPhone上でデスクトップのようには使えない。
投稿の敷居の低いTumblrセカイの特性を活かして、ちょっとモブログって見ようかと思ったが、コレは出来るアレは出来ないとか考えているうちに面倒くさくなってしまった。

ユーザーによる

これはTumblrのエディターが使い物にならない!という記事ではない。
WordPressに親しんだ身には、若干の使い心地の悪さを感じてしまうというだけのこと。
だから、いきなりTumblrでブログを!というヒトには気にならないかもしれない。
あるいは、自分で撮影した画像とテキストだけのシンプルな構成なんかでも、気にならずに使えるんじゃないだろうか。

おまけでPV

わずか4つほどの記事しか書いていないので、PV的には全然いかない。
Tumblrのメインブログのフォロワーさんがお一人フォローしてくれた!
アリガトウゴザイマス。
ほとんど来訪者はゼロ!だけど、ある一日だけ50稼いだことがある。
それは、モレスキンに関する記事を書いてTwitterにも流したら、たまたまその道の著名人にRTされた結果。
とすれば、客引き的に有効なのはやっぱりTwitter。
Tumblrに限らず、ブログ記事をSNSに流していくのはやっぱり有効なようだ。
タマシイ売って、以前削除したFacebook再開しようかな…

弘法は筆を選ばないけど

なんとなくTumblrで普通のブログをつくるということを肌で実感できた今、もう閉じてもいいかなアチラは。
弘法は筆を選ばずというが、三流のブロガーはこうして筆にこだわってしまう。
ベタ打ちのテキストだけでお客をつなぎとめておけない三流は、アレコレのチカラを借りるしかないからねぇ…

Filed under: Tumblr

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。