All posts tagged “Seahawks

Thank You 12s「シーホークスファン向け感謝のビデオを公開」

シーホークスは、シーズン終了にあたり、ファンに向けて感謝のビデオを公開した。
なんというか、あたたかいビデオを。
Read More

Filed under: NFL

SUPER BOWL 2015 「二人の勝者」

歴史に残る激戦となった今年のスーパーボウルは、長く人々の心に残るだろう。
そしてこれまで陽が当たることのなかった2人の無名の若者には、一生忘れることのできない人生の転換点となるだろう。
チームとしての勝敗に関わらず、彼ら2人は人生に勝ったのだ。

Read More

Filed under: NFL

SUPER BOWL 2015 Inside the NFL「奇跡の後の」

Inside the NFLが、勝負が決した後のフィールドの様子を克明に伝えている。
信じられない幕切れの、その後のプレイヤー達の様子もココロに残る。

Read More

Filed under: NFL

SUPER BOWL 2015 レビュー「Just One Play」

濃密なゲームだった。
さびれつつある王朝を守ろうとするものと、直接それを屠って自らの王朝を築き上げようとするものの戦いは、持ち味を出しあって五分と五分。
勝ち負けという結果を導いたのは、ただ本当にひとつのひとりのプレイだった。

Read More

Filed under: NFL

2015 NFCチャンピオンシップ「音で感じるメンタリティー」

サイドラインやフィールドの声を拾って見せてくれるNFLのSound FXシリーズ。
歴史に残るシーホークスとパッカーズの激戦では、サイドラインの表情と様々な感情を伴った声、これらがあますところなく映し出されて、見ているコチラも忘れていた種類のエモーショナルなナニカを思い出す。

Read More

Filed under: NFL

2015 NFCチャンピオンシップの二度とお目にかかれない奇跡

ドラマティックすぎて、劇的という二文字では到底くくれそうにない…
シーホークスとパッカーズがスーパーボウル出場を賭けて激突したNFCチャンピオンシップの一戦は、永久保存版にすべき激闘。
フィールド上からは一瞬たりとも目を離せない展開だった。
しかし、二度とお目にかかれない奇跡は、フィールドではなく客席スタンドで起きていた。

Read More

Filed under: NFL

スターバックス 今年もシーホークスのプレイヤーがバリスタに!

スターバックスもシーホークスも同じくシアトルを本拠地とする仲間。
去年のPLAYOFFで盛り上がってるころには、チームカラーを身につけたお客さんには、12セントでコーヒーを振る舞ったりしていた。
そして今年も、ヘッドコーチのピート・キャロルとプレイヤーが即席バリスタで店舗に登場した模様。 Read More

SUPER BOWL 2014 スターバックスは優勝記念セールをやるんだろうか?

事前の予想を覆して、大量得点差で圧勝した『SEAHAWKS』!
初のSuper Bowlチャンプとなったシアトルは、12番の背番号を持つファン達で盛り上がっていることだろう。
そしてシアトルといえば、我らがスターバックスの本拠地!
日本のプロ野球的に考えると、親会社が優勝記念セールをソッコーで開催し、ファンもそうでない人も大いなる恩恵を授かるところ。
スターバックスは『SEAHAWKS』の経営母体ではないので、直接的な義務はないのだけれど。

ただ、NFCカンファレンスチャンピオンシップの49ersとの決戦の際には、チームカラーを身につけたお客さんには12セントでコーヒーを提供していた模様。 Read More

SUPER BOWL 2014 レビュー 「ピート・キャロル」と「ケン・ノートン・ジュニア」の絆

安定した強固な守備力はあるものの、超スター選手がいるわけではなく、特異な戦術を展開するわけではなく、ただただ勝負強さで凌ぎ切りスーパーボウル王者に登りつめた『SEAHAWKS』。
そこには、コーチングスタッフの強い絆がある。
Read More

Filed under: NFL

SUPER BOWL 2014 レビュー 「ほこ×たて」と「Groundhog Day」

最強の「ほこ×たて」決戦。
史上初のNFL1位のディフェンスとオフェンスの激突は予想外の大差で幕を閉じた。
あわや、『ペイトン・マニング』が完封されるかもと思わせたほどの一方的な展開。
誰も予想し得なかった波乱の展開は、その第一プレイから始まった。
Read More

Filed under: NFL