comment 0

SNSを続ける理由

同僚でもなく同級生でもなく家族でもなく、トモダチとも呼びきれず、Facebookのグループ分けで言えば、どこに分類して良いか頭を悩ませる人。
リアルのしがらみで発生した関係ではなく、どこかのサーバー上でコトバをやり取りするだけでつながっている人。
普段はいいね!か軽口のコメントしか交えていない人が、こちらのちょっとしたつぶやきの変化に、その背景を慮ってくれていたりする。

ずっとつぶやきを見つめながら、あえて触れることはしなかったその人が、ふとした拍子に「何かあったの?」と遠慮がちに問いかけてくれる。

もちろん、ご本人にとってはそれほどココロを占めていることではないのだろうけど、リアルのしがらみのない手垢のついていない「風(ふう)」ではない思いやりは、リアルのしがらみで渇ききった僕には恵みの雨以上の慈しみを与えてくれる。

SNSはメディアであるのだろうけれど、やっぱり人と人がリアルに出会う場所であるのかもしれない。
もちろん、人脈詐欺のひとつのツールという側面は拭えないが、それでも個人が個人そのものとして出会えるそもそもの良さを思い出した。
もっとも、本当に良い人と出会える確率もリアルと同じように低いのかもしれないが。
ただそれでも、稀にでも、こうしたココロに触れられるならSNSを続ける意味はあるのかもしれない。

Filed under: 独白

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...