comment 1

Scannable「iPhoneが高性能コンパクトスキャナーに」

Scannableは、Evernoteがスキャンに特化して開発したアプリ。
Evernoteでもモロモロ取り込めるのに、どうしてあえてリリースするのか疑問だったが、使ってみて納得。
iPhoneを、ただかざすだけで「紙」をキレイに取り込めるシンプルさ。

シンプルでスピーディー

まーこの動画が全てと言ってもいいくらい、シンプルでスピーディー。
操作は本当にiPhoneを「紙」にかざすだけ。
読み取り設定も、タップさえも必要ない。
そういう意味では、Evernoteのコンセプトどおりのアプリに仕上がっているようだ。

Scannable はスピードが売りです。アプリを起動すると、すぐに原稿(レシート、名刺、文書など)を検出して自動撮影します。タップは必要ありません。原稿の両端や色を調整することもなく、すべてが自動化されています。スキャンすると画面下にサムネイル画像が次々に表示されるので、簡単に画像を確認したり、次の原稿をスキャンしたりできます。

引用元: Scannable: Evernote の新しいモバイル用スキャンアプリ – Evernote日本語版ブログ.

複数枚ある文書も連続撮影すればそのまま取り込める。
連続撮影と言っても、「紙」をめくってかざすだけ。

保存先はEvernoteに限らない

Evernoteが開発したといっても、スキャンデータはEvernote以外にも保存活用できる。
「エクスポート」から、iCloudやDropboxなんかも保存先に選択できる。

紙はその場で処理

Scannable の使い方はとてもシンプルなので、操作に迷うことはないと思います。スキャンデータの保存先・共有先を前提に考えたデザインなっており、自分で指定しない限りは端末のカメラロールにずっと残ることもありません。会議で使ったホワイトボードを撮影して出席者に共有したり、料理本のレシピを友達にメッセージアプリ経由で送信したり、契約書や伝票を Evernote または他のアプリに保存、といった操作はすべて Scannable から直接行えます。送信後はスキャントレイが空になってるので、次の原稿をスキャンする準備が既にできた状態になります。

引用元: Scannable: Evernote の新しいモバイル用スキャンアプリ – Evernote日本語版ブログ.

1台のスキャナーをiPhoneから共有

ScanSnap Evernote Edition スキャナが1台あれば、iPhoneからダイレクトにWi-Fi経由で操作できる。

Scannable を使うと、オフィスにある ScanSnap Evernote Edition スキャナに各自のアプリから Wi-Fi 経由で接続できます。スキャン結果はすぐにモバイル端末に表示されるので、操作の流れはとてもスムーズです。スキャナに原稿をセットして Scannable のボタンをタップすれば、後は待つだけです。このアプリとスキャナの組み合わせにより、コストが安くて操作に時間もかからない、現代の職場に最適なソリューションが実現しました。 Evernote Market でご購入可能です。

引用元: Scannable: Evernote の新しいモバイル用スキャンアプリ – Evernote日本語版ブログ.

ペーパーレスとさらにレス

「紙」はサクサク、スキャンして、ペーパーレスを進める強い味方になりそうだ。
そしてもっといえば、ひとつの習慣とひとつの装置をレスすることも出来そうだ。

名刺交換という習慣

現在は、とりあえず名刺交換したらEvernoteに読み込んで、その後はシュレッダーという流れ。
名刺というフォーマットに凝縮された情報は、それなりにコンパクトにまとまっているので、名刺そのものがなくなることはないだろう。
しかし、名刺を渡すのではなく見せるという習慣に変化するかもしれない。
これだけスピーディーに正確に名刺が読み取れるのなら、見せてもらって取り込んで、すぐ返却するというフローになるんじゃなかろうか。
それが根付けば、人様の名前が入ったものを捨てるという、うしろめたさからも解放されるのだけれど…

スキャナーという装置

一般の人が一時に取り込む「紙」の量と、そのクオリティを考えれば、あえてそのためのスキャナーを購入する必要はなくるんじゃなかろうか。
もちろん数十から数百ページに及ぶ自炊派のヒトや、取り込みのクオリティが要求されるヒトは別として。
僕のようにファイルキャビネット代わりに、とりあえずモロモロの文書を取り込んで保存しておくってくらいのヒト達は、もうそのための装置を購入する必要がないのかもしれない。

消極的な理由にせよ積極的な理由にせよ、「紙」はまだまだ僕らの生活についてまわる。
そうしたものを手軽に取り込んでくれるこのアプリは、必須!といえるかもしれない。
しかもこの機能で無料。
まずはダウンロードして、このやみつきになる快適さを体験して欲しい。