Split Viewでメモ整理

OS X El Capitanの新機能として大々的にアピールされたSplit View。
何がそんなに便利なの?って感じで全くそそられていなかった。
しかし、日々のメモ整理に使ってみたら、もう手放せないものになってしまった。

Split View で Mac の App を 2 つ並べて表示する

Split View
一度に二つのアプリケーションに集中できます。
Macの優れた点の一つは、多くのアプリケーションを同時に動かせること。もう一つは、フルスクリーン表示で一つのアプリケーションだけに集中できることです。Split Viewでは、その両方の良さが手に入ります。あなたが選んだ二つのアプリケーションが自動的に画面いっぱいに映し出されるので、メッセージで友だちと夕食の予定を立てながら、マップでレストランを探せます。Pagesで文書を作成しながら、Safariでリサーチをすることもできます。

情報源: OS X – 新機能 – Apple(日本)

メモとエディタ

Split View

組み合わせるのは、「メモ」とエディタ。
あるいは、EvernoteとPagesでもいい。なんだったら、「メモ」とEvernoteの組み合わせでも。
要は、自分が日常頻繁に使うメモアプリでメモの一覧を見ながら、エディタで整理統合していくのだ。
見返しながら、コピペしながら、統合して、不要になったものはガンガン捨てる。

僕が日常的に使っているのは、iPhoneの「メモ」。
思い浮かんだこと、よぎったこと、感じたこと、とどめておかなければならない揮発性のものを、縛りなくメモってる。
イマ風に言えば、ジャーナリングの最初の扉を開けるものと言えるだろう。
ただその実態は、雑多だ。
同じようなことが繰り返し書かれていたり、今となってはなんのためにメモられたのかわからないものがあり、その多くは千切り捨てられたロディアのページのように、全く役に立つものはない。
ただその中には、拾い集め、整理し、まとめればジャーナルと呼べるものに成り得るものがある。
1日の終わりに、iCloudで同期された「メモ」をMacで開いてエディタで整理する。
そんな場面で、その二つのアプリケーションだけに同時に集中できるSplit Viewは、本当に重宝する。

iPhone 6 Plusで見えたこと | COCOLO CHRONICLE

しばらくiPhone 6 Plusを使ってみて、僕がこのiPhoneというデバイスに一体何を求めるかが、だんだんと見えてきた。 プロダクトのレビューと、考えたことをまとめてみた。

方法は簡単

Split View を開く ウインドウの左上隅にあるフルスクリーン表示のボタン  を押したままにします。
ボタンを長押しすると、ウインドウが縮小表示になり、画面の左側または右側にドラッグできるようになります。
ボタンを放して、別のウインドウをクリックすると、2 つのウインドウを横に並べて使えるようになります。

情報源: Split View で Mac の App を 2 つ並べて表示する – Apple サポート

他にもいろんな組み合わせが

1. 計画モード:ToDoリストとメモ帳アプリの組み合わせ普段ご使用のToDoリストとメモ帳アプリが何であれ、これらは一緒に使うと便利です。私は常に『OneNote』と『Reminders』を同時起動させているので、たまった仕事や予定を見ながらToDoリストを計画することができます。

2. リサーチモード:ブラウザとメモの組み合わせ調べ物のためにネットをさまよっていると、迷子になることがあります。そこで私からのお勧めです。読み進むごとにメモを取り、そもそもなぜそのページに飛んだのかを思い出せるようにしておくといいですよ。ブラウザとメモ帳を組み合わせるというのが、一番簡単な方法です。

3. コミュニケーションモード:メールとインスタントメッセージ(IM)の組み合わせ組み合わせることでより力を発揮するコンビがあります。私が思うに、IMとメールはそれにあたります。どのIMアプリをお使いでも、好みのメールアプリと併せれば、すべてのコミュニケーションが1カ所で済んでしまいます。

情報源: Macの新機能Split Viewを使いこなそう。画面を2分割して作業を効率化 | ライフハッカー[日本版]

ブラウザと「メモ」、あるいはEvernoteとの組み合わせは、最初のメモの精度が上がって、その後の作業が一気に捗るかもしれない。
問題点は一つだけ、大きなディスプレイが欲しくなってしまうこと。
iMacをお持ちの方は、不足を感じることはないだろうが、MacBook Airで作業していると、もうちょい大きなディスプレイの誘惑と戦わなければならなくなる。

本当に大切なのは

しかし、本当に大切なのは、その機能うんぬんよりも1日の終わりにしっかりと振り返る時間を設けるということだ。
iPhoneや紙の手帳に、独りTwitterのように吐き出されたそれを、振り返り整理統合する、あるいはそのまま置いておく判断をすること。
そうすることで、ジャーナルになりうる走り書きを活かすことができ、書いてしまえば満足してしまうような感情の吐露を削除することができる。
そして、くだらないなりに取っておきたいメモも、それなりの保管場所に置いておくことができる。
1日の中でしょっちゅう繰り返しているメモという作業が無駄にならないためには、こうした時間の設定こそが、最も大切なことなのかもしれない。

Filed under: MacBook, メモ

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。