PlugBugで新MacBookのUSBポート問題は解決

新MacBookに躊躇する最大の問題は、USBポートがジャスト「ひとつ」しかないところ。
しかも、そのポートはMacBook自体への電源供給に使われてしまうことを考えれば、実質ゼロと言っていい。
MacBook AirでもUSBポートを2つ備えていた点を考えれば、アレコレの性能比は置いといても、使い勝手としてココが最大の違い。
しかし、僕の普段の使い方を振り返ってみるとTwelve South PlugBugさえあれば、問題は解決することに気がついた。

僕がUSBポートに求めるもの

現在愛用中の息も絶え絶えのMacBook Airは、およそUSBでなにか接続しなければならない必要はない。
購入時、アレコレのインストールにCD-ROMドライブのお世話になったが、それっきり。
インターネットには、Wi-FiでTime Capsuleやモバイルルーターを通してつながり、忘れた頃に必要になるプリンターともWi-Fi接続。
誰かさんとのUSBメモリやSDカードのやりとりもない。

だからもっぱら使っているのは、iPhone、iPad、モバイルルーターに電力を供給することだけだ。
コンセントがひとつしか確保できない状況で、MacBook AirもiPhoneもバッテリー残量が虫の息になっている場合でのみ、僕のUSBポートは存在理由を発揮する。

MacBookの電源アダプタにUSB電源ポートをプラスする

 

Twelve South PlugBugは、MacBookの電源アダプタにUSB電源ポートをプラスする事が出来る製品。
だからコンセントひとつからMacBookへの電源供給とiPhone等へのダイレクトな電源供給が同時に可能になる。
逆に言うと、コレ一個あればiPhoneだけ充電したい時もダイレクトに可能になる。
しかも、2.1Aの高出力のUSB電源ポートなので急速充電が可能。

我らがガイ・カワサキの製品紹介動画はコチラ

製品自体はiPadが発売された頃から存在し、昨日今日の新製品ではない。
MacBookやMacBook Air、MacBook Proなどの電源アダプタの電源プラグ部分が共通サイズであるために、そのまま使えるようだ。

TwelveSouth Blog

情報源: PlugBug adds USB charging back…to the newest MacsTwelvesouth Blog :

さて、これで新MacBookに乗り換えるための最大の懸案事項は片付いた。
あとは、MacBook Airへの愛情に、どうカタを付けるかだなぁ…


Also published on Medium.

Filed under: MacBook

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。