comment 0

満身創痍のMacBook Air(Mid 2011)

午前中までフツーに使えてたMacBook Airのキーボードが、午後になると急に部分的に反応しなくなった。
あれこれ試してみたけれど、どうやら修理が必要なハード的なトラブル。

まだらに反応しないキーボード

キーボード全体が死んでいるわけではなく、左半分を中心に、反応しないキーがまだらに存在する。
予測変換だけでは文字入力がしのげないので、iPhoneで対策をググりながら作業した。

PRAMリセットとワイヤレスキーボード

PRAMのリセットで治る場合もあるらしく、試そうとしたが、なにしろRキーが反応しないグループのひとつ。
全く作業がすすまない。
あ!そういえば、外付けキーボードがあった。
以前、iPadをノートPC化しようとして、Appleのワイヤレスキーボードを購入していたのだ。
Bluetoothであっさり繋がると、PRAMのリセットは実施することが出来た。
出来たが、状況は変わらない。
相変わらず、キーボードは反応してくれない。
どうやら、物理的に、ハード的に修理が必要な状態なのだろう。
そして修理が必要な部分が、他にあることも知っている。

バッテリーとディスプレイ

いつからか「バッテリーの交換修理」というアイコンがメニューバーに表示されて、iPhoneの修理がてらクイックガレージ渋谷で見てもらったら、それはナニカの間違いではなかった。
しかも、ディスプレイも修理が必要らしい。
そういえば、ほとんどiSightを使わない人種なのに、何かの拍子に使ってみようとしたら、それはうんともすんとも言わなかった。
バッテリーとディスプレイの修理費用は、約7万円。
MacBookの発表前だったので、様子見でそのまま放置していた。
そして、今回のキーボードの修理も加わることになれば、それは10万円コースとなって金額的に修理というジャンルを飛び越えてしまう。

捨てきれない愛着と

新型が発表されたら乗り換える気満々だったのに、いざその状況をむかえると寂しいものがある。
いくつか使ったAppleのラップトップで愛着があるのは、このMacBook AirとPismo。

特にこのMacBook Air(Mid 2011)は、能力的にも、使い勝手にも一切不満を抱えることなく、そしてなにしろこのブログを一緒に始めた戦友。
このまま新型に乗り換えずに、完全修理という非合理的な、エモーショナルな決断をしそうな予感もある。
新しいMacBookなんか選ばずに、MacBook Air(Early 2015)を選んで系統を引き継ぐとしても、それはやっぱりコイツではないんだよなぁ…

トップの画像に違和感を持った人も多いだろうが、今はAppleのワイヤレスキーボードを重ねて、このブログを書いている。
書いてるうちに、どうするのか自分の気持が決まるものと思っていたけれど、どうやらソレは決まらずに、書き終えるしかなさそうだ…

Filed under: MacBook Air

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...