comment 0

KeynoteでiPhone6の壁紙をつくってみた

しょっちゅう目にできるわけではないのに、こだわってしまうiPhoneの壁紙。
気分転換するときには、しょっちゅう変更している。
どうせなら、このブログのアイコンで作ってしまえ!
というわけでKeynoteを使って、iPhoneの壁紙を作ってみた。

Keynoteはイメージファイルに書き出せる

人前でKeynoteを使ったプレゼンをする機会があんまりない僕は、ほとんど本来の用途で使えていない。
そのかわり、このブログのアイコンを仕上げたり、簡単なアイキャッチ画像を作成する際によく使っていて、最後に仕上がったものをイメージファイルに書き出して利用してる。

新規書類でカスタムサイズに

Keynoteサイズ設定

 

右端の「書類」アイコンをクリックするとスライドのサイズが変更できる。

カスタムサイズを入力

Keynoteカスタムサイズ入力

クリックすると入力ダイアログが開くので数値を入力。
今回はiPhone6用に「640 × 1136」と入力。

イメージファイルに書き出し

Keynoteイメージに書き出し

 

完成したら、ファイルメニューの書き出しからイメージに書き出せば完了!

そんで完成したのがコチラ。
真っ白けなので境目がよくわからないけど(笑)

lovelution wallpaper.001

 

お気にいりの言葉をお気にいりのフォントを使って作成できたりするので、気になる方はお試しを!

Filed under: iPhone, Mac

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...