iPhone6「裸族」あらためDeffでヘビーデューティー仕様に

これまでiPhone「裸族」原理主義者であったけれど、この間のディスプレイ破損で一気に宗旨替え。
iPhone5のころから気になっていたDeffiPhone6用アルミバンパー「CLEAVE」を装着し、ヘビーデューティー風に仕上げてみた。


そうそう割れないディスプレイのために、iPhone本来のデザインを損なうケースやバンパーを装着するのは勿体ないと思っていた。
けれど、やっぱり割れてしまう現実に直面するとアレコレ考えなおさなきゃならない。

iPhone6ディスプレイ破損「クイックガレージ渋谷でクイックに復活」 | ココロクロニクル
関連記事
もちろんこうしてクイックに復活してくれるところがあるので、そのときアクションとればいいという考え方もあるけれど、もしコトが起こるのがサービスプロバイダが豊富にない東京以外の場所だったり、営業時間外だったりということを考えれば不安になる。
たいしてビージーな人間ではないけれど、それなりにiPhoneに詰め込まれた情報なしには、ちょっと生活のペースが乱れるくらいのビージーさはある。

1.iPhone6用アルミバンパー「CLEAVE」

 

この製品は、ずっと気になっていた。
それは機能面からではなくデザインから。
iPhone5を使っているときは「裸族」原理主義者だったので、購入にはいたらなかったけれど。

保護するという機能面から見た場合、スケスケのバンパーにどれほどの効果があるのかわからなかった。
しかし、実はiPhoneは横やコーナーからの衝撃に弱いらしく、そこを保護するのは意味があるようだ。

付属の六角レンチ

工具不要をウリにしている製品もある。
この製品は、工具が必要。
といっても購入する必要はなく、付属の六角レンチでネジを2箇所しめるだけ。
ちょっとしめればガタツキもなく安定している。
誰でも出来るカンタンさなので、工具不要だけどガタつくようなものよりは安心して使えるんじゃなかろうか。

独特の膨らみ

独特の膨らみとカーブがデザイン的にも味わいを与えてくれる。
パッと見、iPhoneのフラットな印象は消え失せて、全く別のプロダクトに見える。
見た目のアクセントに加えて、この膨らみが手に馴染みやすい。
ツルッとしたiPhoneの感触よりは、手のひらにしっかりとおさまる感覚がある。

すっかりグラマーになって収まりも良くなって、選んで大正解!

だけど注意点が2つある

マナーモードボタンが別添

電源ボタンも音量ボタンもバンパーに付随している。
しかし、マナーモードボタンだけは別添で、予備のネジと一緒に小袋に納められていて、それだけは自分で取り付ける必要がある。
特にそうした説明書きもなく、見落としがちになるのでご注意を。
僕もしっかり見落として、しばらく気づかずに使用していた。

Apple純正のLightningケーブルしか使えない

バンパー越しに充電することは可能だが、コネクタに通じる部分が狭いため、ほぼApple純正のLightningケーブルしか使えないのではないだろうか。
Apple認証済みのLightningケーブルもたくさん販売されているが、それらの中にはコネクタ部分が太っちょになっているものもあるので注意が必要だ。

2.iPhone6/6Plus用背面ガラス液晶保護プレート(カモフラージュカラー)

どうせカスタマイズするのなら、やりつくしちゃえ!
というわけで、背面にカモフラージュパターンのプレートも貼り付けた。
背面を保護しようなんてイチミリも考えておらず、ただの見映えとして。
カモフラージュを取りれたら、ヘビーデューティー感が増すだろうとただそれだけなんだけど。

3.クリスタルアーマー プレミアム強化ガラス for iPhone 6 (0.15mm ゴリラガラス)

ディスプレイを保護する強化ガラスはバリエーションが豊富すぎて、これまで「裸族」を押し通してきた僕にはまったく選択できなかった。
さらに、こうしたものをキチンと貼るのも大の苦手。
だから、AppBankに行くことにした。
ここでは、対象商品は、無料で貼り付けてくれる。
なので、お店のオススメに従い、なおかつ一番違和感のないこの0.15mmの製品をチョイス。

4.HandLinker Putto Carabiner カラビナ リング モバイル 携帯ストラップ フィンガーストラップ 落下防止 (ブラック)

指を引っ掛けられるリングが欲しかった。
ディスプレイサイズが大きくなったiPhone6は、以前より手の上で転がすというか滑らすというか、そういった場面が多い。
だからセイフティーバルブとして、どれか指一本ひっかけておければ、安易な落下は防げるんじゃなかろうかと考えた。
カラビナにしたのは、せっかくつけとくんだからナニカぶら下げたり、ナニカにひっかけたりできればいいかなという程度。
手ぶらで出かけるときに鍵でもぶら下げられるかな。

数年ぶりのストラップで、なおかつiPhoneでははじめてつけるストラップで、邪魔になるかなぁと思ったけれど、ここまでは快適に使えてる。
iPhoneを手の上で転がすときにも、しっかり指一本ひっかけておけるし。

このネックストラップにもワンタッチで取り付けられるようだ。

 

ここまでiPhoneをカスタマイズするのも初めてのこと。
iPhoneは、それ自体で完成しており美しい。
しかし、こうして自分で選んだものを組みわせてみると、愛着というものも湧いてくる。
寝てる時以外はほぼ行動を共にしているiPhoneだから、それもひとしおなのかもね。
装いも新たになって、心機一転。
これからもおつきあいのほどよろしくお願い申し上げます。

Filed under: iPhone

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。