comment 0

iPhone 6 SoftBankで拍子抜けするくらい簡単にGET!

拍子抜けするくらい簡単にiPhone 6がゲットできた。
iPhone 6 は、3日間で1000万台を売り上げて、新記録を樹立した模様。
それが実感できないくらい、簡単に、スグに、機種変更することが出来た。

1.予約開始日の夜、SoftBankのオンラインショップで予約

2.発売日前日の夜、SoftBankのショップから入荷日確定の連絡

3.発売日翌日、SoftBankのショップで受け取り

以上おわり!

iPhone 5と故障も水没もない順調な2年のランデブー期間を終える僕は、そもそもiPhone 6に機種変更するつもりだった。
iPhone 6 Plusの前評判の高さに、両方の現物見てからにしようかと思ったが、アレコレ考えて、iPhone 6に決定
決めたら早いほうが良かろうと、見切り発車で予約することにした。

予約開始日のショップの営業時間中に行くことが出来ず、その夜、SoftBankのオンラインショップで予約。
どうせSoftBankだから入荷は遅いだろうと思っていた。
さらに、初日の予約が400万台を超えたというニュースが、その不安に拍車をかける。
あんまり遅いようなら、アメリカ軍のように物量豊富なApple Storeに直接行って、予約はキャンセルすることも考えていた。

すっかりあきらめモードでいた発売日前日の夜、見知らぬ番号のSMSが届いた。

SoftBank iPhone入荷案内

えっ!

もう?と思っていたら、電話があって、発売日翌日の20日に受け取れる。
混雑を避けるために、来店時間を事前に決めているらしい。
もしかしたら、モノとしては19日に渡せるけれど、手続きの段取り的に20日になったのかなぁ…
しかし、こんなに早く受け取れると思っていなかった僕に、ネチネチ文句をいう気はさらさらない。
さくさく日時を決めて終了。

売り慣れたSoftBank

決められた時間にショップにいくと、予想に反して、店内には静かな時間が流れていた。
たまに発売されたiPhone 6の現物をさわりに来るヒトがいるくらいで、行列もヒトケもなかった。
予約をとっているヒト達が現れては、スムーズに手続きが進んでいく。
時間通りに始まった僕の手続きも極めて順調。
以前より、かなり短時間で終わった。
タダで機種変更キャンペーンの条件となる回収対象機種の査定と引き渡しも、ここでサクッと終了!

料金プランはスマ放題に

唯一、手続きがひっかかったのは料金プランを選択する場面。

11月末までは受付可能なホワイトプランにするか?
通話し放題のスマ放題にするか?

月の通話料金が2,700円を超えたり超えなかったりの僕は、シンプルさを考慮して、スマ放題に決定。
とりあえず、標準5GB プランにすることにした。
ルーター併用の僕は、月のデータ使用量は、5GB に満たないくらい。
それに今なら、スマホデータ増量キャンペーンで2GBが追加でもらえる。

スマホデータ増量キャンペーン___キャンペーン・プレゼント一覧___キャンペーン・プレゼント___モバイル___ソフトバンク

後日、この話を、通話がメインコミュニケーションの世代の大先輩に話したら、「安い!」と驚いていた。
GIジョーの野戦電話ばりの大きさの頃からケータイを愛用し、今でもガラケーで月の通話料金が15,000円は下らないらしい。
何度かiPhoneにしようか迷ったらしいが、通話し放題が、最後に背中を押すようだ。

雑感

iPhone販売の先駆者でありながら、その後出しジャンケンにも磨きをかけ続けているSoftBankは、よりその販売手法に手慣れていっているようだ。
今回、はじめて利用したSoftBankのオンラインショップで予約して店舗で受け取るという方法もシンプルでラクチンだったし、ショップの店員さん達の説明と手続きも簡潔でわかりやすかった。
他のキャリアでは真似できないアメリカ放題も始まったし、しばらくお世話になります!

アメリカ放題___国際サービス___サービス___モバイル___ソフトバンク

Filed under: iPhone

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...