comment 0

iPhone 6 Plusというより「ミニ iPad mini」?

事前の予想通り、4.7インチと5.5インチの2つのモデルが発表されたiPhone 6
5.5インチモデルを待ち望んでいた僕にはウレシイ限り。
しかし、いざその大きさを目にするとちょっと不安な点も見え始めた。

ミニiPad mini?

この画像はMacRumorsの事前予想画像だけれど、実際の比率もほぼこのまま。
比較すると、iPhone 6 PlusはでっかいiPhoneというよりも、ちっちゃいiPad miniといったほうがしっくりくる。

画面なんかデカイ方がいいに決まってる

というフィロソフィーの僕は、iPadも迷いなくAirを使ってる。
特にその役目がTumblr鑑賞であるiPad Airは、でっかいレティナディスプレイで、Tumblrのアレコレを楽しませてくれる。
だからiPhone 5いっちょうでぶらぶらしてる時には、Tumblrを見るのが物足りなくなっていた。
そんな僕には、5.5インチモデルは待ってました!
のはずだったんだけど…

片手フリック入力が問題

デカイ方がいいiPadと違って、iPhoneには適切なサイズ感が必要。
ポケットに入る入らないの問題もあるが、最大の問題はフリック入力。
現在は、左手親指による片手フリック入力。
ほぼ5年間、このスタイルで入力していると、iPad Airで入力するよりはるかに快適で速い。
そしてもう、他のスタイルは考えられない。
だから、これが不可能なサイズだと、iPhone 6 Plusは諦めて4.7インチモデルを選ぶしかない。

実機を確認するしかない

こうなると実機を確認するしかない。
いち早く予約して、いち早くゲットだぜ!
という野望は早々に諦めて、発売日以降、実機を触ってから決めるしかない。

待ちきれない人はコチラで大きさを確認してみてはどうだろうか。

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」はポケットに入るのだろうか? 実際の大きさがわかるワイヤーフレーム・モデルをダウンロードして印刷し、手にとってみよう。

引用元: 新iPhoneの大きさがわかる「型紙」をダウンロードしよう « WIRED.jp.

この「竹光」の刀では、キーボードの様子がわからないので、僕はじっと我慢で「真剣」の登場を待つけれど…

Filed under: iPhone

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...