iPhone 6「いこかもどろか」

iPhone 6に機種変更して以来、概ね満足。
0.7インチだけ大きくなっただけなのにiPhone 6の4.7インチディスプレイは快適で、表示装置としてのiPhoneをパワーアップ。
ますます、iPadAirの登板回数が激減しつつある。

 

iPhone 6 Plus買うとiPad使わなくなる、の図 : ギズモード・ジャパン.

しかし、それとは引き換えに、わずか0.7インチだけ大きくなったそのサイズがこれまでのリズムを奪ってる。

入力装置としてのiPhone

iPhoneは表示装置であると同時に入力装置である。
しかも、腕まくりが整ってからイザ!というデスクトップやタブレットと違って、パッと取り出してささっと入力する場面が多い。
例えばそれは歩行中であったり、片手にはカバンを携えていたりする。
そうした時に、しっかりと片手でホールドできて、あれこれタップしなくても入力や操作が終わる「ながら」リズムは重要だ。
たとえiPadが目の前で立ち上がっていようとも、ソコソコの長さの文章なら、iPhoneの片手フリックでささっと入力したほうが快適!

だったはずだった。

ところが今では、持ち方に工夫をこらし、不安定さに目をつぶってバランスをとらない限り片手では完結しない。
両手操作をデフォルトにすれば、歩き「ながら」はあきらめて、立ち止まってカバンを置いて、周囲の安全に目を配って、さあそれから入力を!となってしまう。
もちろん、その僅かな時間で、フワッと浮かんだ揮発性のアイディアは影も形も消え失せて、空っぽの頭で何故iPhoneを握りしめているのかわからず立ち尽くすだけ…

iPhone 6 Plusに「いこか」

「そもそもiPhoneは両手で操作するものよ」
と手の大きくない女性が宣うように、いっそ片手操作はあきらめて、表示装置としてのiPhoneの立ち位置を明確にするためにiPhone 6 Plusにしてしまおうか。
そうすれば、もう位置づけが不明瞭なiPadAirは本当に退役させて、どこか静かであたたかなところで幼児や老人の相手をさせればいい。

とアタマで結論づけた矢先。
iPhone 6 Plusで通話中のヒトを見かけた。
そうしてその光景は、アタマの論理を飛び越えて、直感的に「でかっ!」という印象を僕のココロに打ち付けた。
アタマの論理では超えられない生理的な一線というものは確かに存在する。

iPhone 5Sに「もどろか」

まだiPhone 5Sを使用中のユーザーのものを触らしてもらうと、小さい!コンパクト!そうそうこのサイズなんだよね。
ほうら、片手で全部出来ちゃうよ!
と嬉しくなる。

そうしてiPhone 5Sに戻したヒト達もケッコーいるようで、SoftBankの在庫は完売御礼になっている。

しかし、アレコレ手を尽くして、あっちこっちを探し歩いてiPhone 5Sに戻そうとは思わなかった。

何故なら、ディスプレイが小さくて…

以前は充分だった4インチディスプレイが、4.7インチディスプレイに慣れた目には、とてもプアーに映ったのだ。
入力装置としてのiPhone 5Sのサイズは適正だが、表示装置としてはもうダウングレードした感覚しか湧かなくなってしまった。

次のモデルは3サイズ?!

「いこかもどろか」決まらずに、この片手には余るiPhone 6を手の上で転がしたまま。
次の新型モデルは4インチディスプレイの復活も含めて3サイズがリリースされるという噂もある。
その頃までには、何を本当に優先させるべきなのかははっきりさせておきたい。
だってソレが不明確なまま、あとからグチグチ言われても、僕んとこに来るiPhoneも悲しい思いをするだけだろうし…

Filed under: iPhone

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。