comment 1

iPad Air Wi-Fi + Cellular 128GB – シルバー レビュー(7) iPad Air Smart Cover ブルーを装着

iPad3の時にもお世話になった『Smart Cover 』を今回も装着。
今回はグリーンにしようか最後まで迷いまくったが、前回同様ブルーに落ち着いた。

色的にいちばん気に入ったのはブラウンだったんだけど、これは『Smart Case』にしか存在せず『Smart Cover 』では選べない。

『Smart Cover 』を選ぶ理由

本当はハダカで使うのがいちばん快適だと思う。
だから、iPhoneもバッテリーケースのような機能性を加える場面以外では「素っ裸」。
しかし、iPadはその画面面積の大きさから「素っ裸」はちょっと心配。
それに電源OFFの真っ暗な画面に自分の指紋がテラテラ輝ているのを見るのもつらい。
だから、最低限の保護をしてくれる『Smart Cover 』は、僕には必須。
そしてそれは、ちょっとだけ便利にしてくれる。

1. 取り外しが簡単

マグネットだけでくっついているので、スグ外せる。
そしてスグ装着できる。
細かく位置を気にしなくても、ジャストな位置にぴったりくっつく。
この取り外しのカンタンさが『Smart Cover 』の最も優れたところ。
『Smart Case』は、前面を保護する性質上、ここまで簡単に「素っ裸」にできない。
風呂フタをぶら下げたまんまは、ちょっとめんどくさい。
だから、すぐ取り外せるという点は、僕には最優先事項。

2. キーボード入力を助ける

ちょっとまとまったテキストを入力する際に、平たいまんまでは打ちにくい。
上の画像のような角度が生まれるので、入力しやすくなる。
机においてアレコレブラウズする際にも、このちょっとした角度が有効。

また、正式にマグネットでくっつくわけではないけど、縦置きで乗っけておくことも出来る。
僕は縦使いのほうが多いので、ゆったりアレコレ眺めるときはこのスタイルが多い。

縦置き

 

この角度は、アレコレの観賞用というより、外付けキーボードを使用する際に有効。
慣れ親しんだノートパソコンスタイルに出来る。

『Smart Cover 』はパパっと開いて縦持ちするする際のグリップにも使える。

縦持ち 縦持ち2

グリップも安定するし、ディスプレイの指で隠れる部分も少なくなる。

iPad3で1年半ほど使った 『Smart Cover 』はこんな感じ。

傷み

端の部分が傷み始めていた。
価格も価格なので傷んでくるのはいたしかたない。。。

使用するにあたっての不満感は全くない。
欲を言えば、カラバリを増やすとか、いろんなデザインのものが揃うとありがたい。
数パターン揃えて、日替わりで着せ替えできると楽しそうだ。
「壁紙」よりも目にする機会が多いので、Appleに限らずアチコチから良いデザインのものが出るとウレシイなぁ。。。

Filed under: iPad Air

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo