comment 0

iCloud Driveがフツーに使えて安くなる!

WWDC 2014ではウワサのiPhone 6は影もカタチも見えなかったものの、OS X YosemiteiOS 8が発表され、その使い勝手の良さとスッキリとしたデザインは、今年の秋を楽しみにしてくれた。
予想では、そのころiPhone 6も発表されるはずだし。
それにしてもOSのアップデートはもう無料がデフォルトなんだね。
ありがたい。

そんな数々の発表の中で「iCloud Drive」も発表された。

これまでは、裏で勝手に動く同期の元締めという感じで、フツーのフォルダのように使うには敷居が高かった。
今回のアップデートで、Dropboxのようにフツーのフォルダとして使える模様。

これは地味だが、ありがたいアップデート。
無料の容量アップもありか?と期待したが、ソチラは変わらず5GBのまんま。
しかし、有料プランがこれまでよりかなりお安くなっている。

現在は
10GB年額2,000円、20GB年額4,000円、50GB年額10,000円。

変更後は
20GB年額1,200円、200GB年額4,800円で、1TBまでアップグレード可能。

ちなみに他所は

Dropboxが100GB年額10,000円。

OneDriveは50GB年額2,000円、100GB年額4,000円、200GB年額8,000円。

アレコレのクラウドサービスが乱立して、選択するにも一苦労だったけど、iCloudがきちんと使いやすくなってくれるのなら、それにこしたことはない。
他の誰かさんと共有することなどなく、MacBook Air、iPad、iPhoneでぐるぐるデータを回しているだけの僕の使い方なら、そこの親和性に不安のない「iCloud Drive」がベストチョイスなのかもしれない。
モヤモヤしてたクラウド選びも、これでようやくスッキリしそうだ。

Filed under: Apple

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...