comment 0

iCloud Driveは期待はずれ!クラウド選びは振り出しに

期待していただけにガッカリなiCloud Drive。
満を持してOS X Yosemiteのアップデートを迎えたものの、iCloud Driveの使い勝手はこれまでと変わらない。

1.Drive自体を開けない

Apple_-_iCloud_-_iCloud_Drive

さんざんこんな画像を見せられて、iPhoneからでもiPadからでもDriveにアクセスできるかと思ったら、それは不可能。
あくまでアプリからしかアクセス出来ない。
それ用のアプリのリリースでもあるかと思ったら、その噂さえ聞かない。
デスクトップのように、ブラウザ経由でアクセスできるかも?
とも思ってiPhoneのブラウザからiCloud.comのアドレスを打ち込んでも冷たい反応が帰ってくるばかり。
Appleが誇らしげに飾ってる画面には、一度もお目にかかれない。

iCloudアクセス

もしこれが最終形態だというのなら、これまでどおり裏での同期でしか、その役割を見いだせない。
フツーのクラウドのように使えると言っていた前評判は、一体何だったのか?

2.iPhoneの文字入力でも足を引っ張る

iOS8.1になっても完治していないiPhone6の文字入力のプチフリ問題。
これまでは、iCloud Driveをオフにすることでごまかしてきた。

iOS 8 文字入力のプチフリが治せた!救世主はTwitterに現れる! | ココロクロニクル
関連記事
OS X Yosemiteのアップデートで、iCloud Driveが本稼働したら、ここも完治しているかもと期待していたが、それも裏切られた。
iCloud Driveをオンにしたままでは、やっぱりフリーズが多発。
iCloud Driveを見限らないと、とてもじゃないが、使えるレベルではない。

3.クラウド選びは振り出しに

iCloud Driveが本稼働したら、ココに集約してシンプルに使おう!
と思っていた構想は見事に崩れ去った。
データ漏洩のニュースや、検閲による垢バンの噂と闘いながら、他のどれかを選ぶしかない。
まあ、クラウドという名前に厳密にこだわる必要もない。
使い勝手とセキュリティの固さでいけば、Evernoteにきちんと集約していくのが正しい道筋かもしれないなぁ…

Bitcasaがプライバシー的には一番安心できるクラウドサービスなのか? | ココロクロニクル
関連記事

 

 

Filed under: Apple

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...