comment 0

Day OneからBywordそしてWordPressへ

Day Oneにアップデートしてから、もうこれがファーストチョイス。
Evernoteにも「メモ」にも脇目も振らず、へたへたと下手な文章を打っている。
その多くは出口の見つからない行き止まりのつぶやきばかりだけど、時折ブログのタネになるものもある。
そうしたものをブログ記事に仕上げるのに、Day OneからBywordそしてWordPressへ連携させればスムーズで簡単だ。

Day OneからBywordへ

そのままコピペしてしまうと、タグがもれなくついてきて、のちのち取り除くのが面倒になる。
MacのDay OneからプレーンテキストとしてBywordで直接開くことができるので、そうした余分な作業とは無縁だ。

Day OneからByword

そうしてBywordに渡してしまえば、あとは簡単。
テキストを継ぎ足し、余分なものを省き、Bywordお得意のパブリッシュ機能を利用すればいい。

Bywordのダイレクト投稿機能

Bywordのpublishボタンを押せばそのままブログに投稿できる。
APP内の課金があるものの、ブラウザのブログエディターにテキストをコピペするという超手作業から解放される。
WordPress、Medium、そしてTumblr等にサクッと投稿できるのはやっぱり小気味いい。

Bywordで気持よくブログを書こう | COCOLO CHRONICLE

ブログのエディターの話をもうちょっとすると、ある程度以上のテキスト量を持つ記事であるならば、エディタアプリで書いていくほうが効果的だ。 今は、 Bywordがお気に入り。 全画面表示にすると、書いているもの以外は一切表示されなくなって集中できる。

BywordからMediumへダイレクト投稿が可能になっていた | COCOLO CHRONICLE

ブログを書くための快適エディタアプリ Byword。 全画面表示のミニマルデザインとWordPressへのダイレクト投稿が快適で、すっかり重宝してる。 最近フタマタかけ始めた Mediumでも同じように使えないかと思っていたら、いつの間にやらダイレクト投稿が可能になっていた。

Day Oneひとつに集約して

以前は、Evernoteにも「メモ」にもルールなく書き散らかしていたため、なんとなく浮かんだことを見つけられないこともあった。
全文検索できるとはいえ、そのとっかかりさえ見つけられないこともよくあったし…
今は、Day Oneに集約することで、かつ余分なクリッピングものはEvernoteに任せていることで、ヒントがなくても、とりあえずダラ見すれば見つけられるようになった。
そこで浮かんだブログのタネを、スムーズに投稿までこぎつけるには、Bywordを介在させるのが僕にはベターだ。
ネタの乏しい三流ブロガーとしては、数少ない上に脆弱なネタが記事として公開される前につぶれないように、過保護すぎる仕組みが必要なわけで…


Also published on Medium.

Write your message here...