Day One 日々をキャプチャーするための便利な機能

日記アプリというジャンルにおさまらず、今や僕の全てのメモを握っているDay One
肥大化するEvernoteと違って、絞られた機能が僕にはとっても心地よい。
僕にとっては、測量野帳のアプリ版という感覚。
Day Oneには、日々を気軽にキャプチャーするための便利な機能がある。

Day One 日々のささやかな喜びと折り合いのために | COCOLO CHRONICLE
関連記事

とりあえずカメラで

iPhoneやスマホの普及で、ニチジョーのあらゆる場面を、とりあえずカメラでおさえておくという習慣が身についた。
それは、シェアするものもあれば、自分だけにおさめておくものもある。
もらった花束、あげた花束、美味しかったもの、美味しくなかったもの、なんとなく惹かれる光景。
そうしたものを、パッとカメラでおさえる習慣。
Day Oneは、そうして撮影されたものに後から、コメントというか文章を加えていくことが出来る。

撮影時の場所と時間

ポイントは、撮影時の場所と時間でメモが作成できること。

作成画面で画像を呼び出すと

Day_One_作成画面

撮影時の位置情報と

Day_One_Location

撮影の日時が選べる

Day_One_Date_Time

出来上がったジャーナルがコチラ

Day_One_ジャーナル

もちろん、メモ作成時の位置情報と日時も選べる。

手帳的な感覚で言うと、とりあえず写真を撮影した日のページに貼り付けといて、後でそのページをめくって書き足すことが出来るという感じだろうか。

ライフログなんて肩肘張らずに

思わずカメラでおさえたそのシーンに、その時感じたナニカもパッケージングして保存しておくことが出来る。
その揮発性のナニカを捉えておくには、もってこいのツールじゃないだろうか。
だから、ライフログをとろうなんて息巻いてないヒトにこそ気軽に使って欲しい。
だって、誰にでも残しておきたいシーンと揮発性のナニカは存在するはずだから…

Filed under: App, Day One, iPhone, MacBook

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。