All posts filed under “007

comment 0

「007 スペクター」見た人のためのレビュー(5)「ボンド一家MI6」

前任のMという女王が仕切っていた組織から、ダブルオーセクションはボンド「一家」と言っていいほどの強い絆で結ばれたチームに様変わりしているようだ。
Qやタナーまで加わって一家総出で敵に殴り込むなんていう光景は、これまで目にしたことがない。
Read More

Filed under: 007
comment 0

「007 スペクター」見た人のためのレビュー(4)「ブロフェルド 刻みつけた憎悪」

ブロフェルドは、しっかりとその姿を現した。
正式に登場するというアナウンスはなかったが、SPECTREという組織の出現の必然として彼は登場する。
そして、今回のブロフェルドは、これまでのパロディめいた冗長さを一切排除した理知的なキャラクターである。
Read More

Filed under: 007
comment 0

「007 スペクター」見た人のためのレビュー(3)「Qと住宅ローンと2匹の猫と」

Qという仕事に慣れたせいなのか、007 スカイフォールのピンチを共に乗り越えたからなのか、Qはコミュニケーション能力が上がりボンドとは、うまくやっているようだ。
しかし、そのせいで誰も笑えない冗談を口にするような悪癖が付いているようだが…
前作で、無線機しか渡さなかったQは、今回も腕時計しか渡さずに、ボンドをがっかりさせている。
Read More

Filed under: 007
comment 0

「007 スペクター」見た人のためのレビュー(2)「マドレーヌ・スワンという女」

ヴェスパー・リンドが隠であるならば、マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)という女はボンドにとって陽である。
そこには、フェロモンを過多に供給しオトコの道を踏み外させるオンナとは別の生き物の、強い日射しでオトコを照らす強いオンナの姿がある。
Read More

Filed under: 007
comment 0

「007 スペクター」見た人のためのレビュー(1)「女王陛下の007との符合と次回作」

大団円だ。
これは大団円に間違いない。
これまでボンドを苦しめてきた数々の宿敵の黒幕であるSPECTREがようやく姿を現し、そしてそれはボンドによって壊滅に追いやられた。
ブロフェルドは信頼できる男Mによって逮捕され、ボンドは愛する女とめぐりあい、日陰の仕事であるダブルオーエージェントの職と訣別する。
しかし、行きすぎたほどのハッピーエンドは、ちりばめられた女王陛下の007との符合と相まって、次の大いなる悲劇しか予想させない。
Read More

Filed under: 007
comment 0

『007 スペクター』予告編第二弾公開「ホンモノのSPECTRE登場」

2015年12月4日公開予定の『007 スペクター』の最新予告編第二弾が公開された。
いまだそのストーリーは明らかになっていないものの、冗漫さを排除した「SPECTRE」の重厚なホンモノの組織の雰囲気は、ダニエル・ボンドがシリアスなキャラクターとして復活したのと同じように期待感が持てる。
Read More

Filed under: 007
comment 0

007「SPECTRE」ワルサーPPK/S続投?!

ついに新作「SPECTRE」のポスターが公開された。
ジェームズ・ボンドの右手にはお馴染みのワルサーPPK/Sが、しっかりと握られている。
1931年生まれのベテランは、まだまだ第一線で頑張るのか?!

Read More

Filed under: 007
comment 1

007「SPECTRE」ワルサーPPK/SからH&K VP9に鞍替え?

いまだにその内容が掴めない新作「SPECTRE」だが、ついにジェームズ・ボンドが老齢のワルサーPPK/SからH&K VP9に乗り換えたとのウワサが…

「007 スカイフォール」次回作制作発表と期待するワルサーPPKの勇退 | COCOLO CHRONICLE
関連記事

 

Read More

Filed under: 007
comment 0

007「SPECTRE」気になる二人のキャスト

新作「SPECTRE」の制作会見で、キャストが発表された。
マネーペニー、Q、新Mは前作から変わらないが、その他のキャストの詳細な役柄は不明。
明言されていない「ブロフェルド」の登場はあるのか?
Read More

Filed under: 007
comment 0

007「SPECTRE」ボンドカーはアストンマーティンの新顔!

新作「SPECTRE」が発表された007シリーズ。
新作発表といえば必ず話題になるのは、ボンドカー。
前作「スカイフォール」では、予想に反して元祖のDB5が採用されたが、今回は正真正銘の新顔DB10が登場する模様。 Read More

Filed under: 007