All posts filed under “探偵はBARにいる

comment 0

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』もう見た人のためのレビュー 「亡き王女と彼女のからっぽの王国」

全てのケリがついたあと、ヴァイオリニスト・河島弓子はステージに立つ。
そして兄であるマサコちゃん(常田鉄之輔)のために『亡き王女のためのパヴァーヌ』を弾く。 Read More

comment 0

『探偵はBARにいる』 もう見た人のためのレビュー 「時計が止まった彼女」

僕らがよく知っている探偵たちは、誰一人自ら事件を解決することが出来ない。
依頼という名目で事件のど真ん中に巻き込まれ、殴られ血が滲む口中を酒で洗いで、事の顛末を観察し続けることしか出来ない。
もっとも、ベーカー街で自分の頭脳明晰さをひけらかすあの紳士は例外だが。
このススキノの探偵も、僕らがよく知る探偵たちのように事の顛末を見守ることしか出来なかった。
そして、どんなに殴られようとも一度首を突っ込んでしまった事件からは逃げ出さず、自分なりのケリをつけようとする伝統も受け継いでいる。 Read More