comments 2

Bywordで気持よくブログを書こう

ブログのエディターの話をもうちょっとすると、ある程度以上のテキスト量を持つ記事であるならば、エディタアプリで書いていくほうが効果的だ。
今は、Bywordがお気に入り。

全画面表示で集中できる

ByWord全画面表示

全画面表示にすると、書いているもの以外は一切表示されなくなって集中できる。
WordPressにも集中執筆モードがあって、部分的に余分なものを隠すことができるが、Bywordまでの潔さはない。

WordPress集中執筆モード
白紙にベタ打ちしてく感覚は気持よくて、弘法ではない筆を選んでしまう三流ブロガーの僕には必要な環境というかお膳立て。
あっちこっちのボタンや操作に気が紛れることがなくて、文章を仕上げるのも捗る。

そのままブログに投稿できる

BLOG PUBLISHINGPublish to WordPress, Tumblr, Blogger, Scriptogram blogs and Evernote notebooks directly from Byword.Requires a one-time in-app purchase for each version (Mac and iOS).

情報源: Byword • Simple and efficient text editor for Mac, iPhone and iPad.

publishボタンを押せばそのままブログに投稿できる。(APP内課金あり)
ブラウザのブログエディターに、テキストをコピペする手間が省けて小気味いい。
潔くそのまんま公開してもいいし、下書き状態を選ぶことも出来る。

ByWord_publish ByWord_publish2

最終的にアレコレ整形して記事を仕上げる僕は、下書き状態でWordPressに渡して、ちょっとオメカシしてから公開してる。
Markdownが身についているヒトには、もっと使いやすいんだろうけど、あいにく僕が覚えているのは見出しをつけることくらい。
それでもちょっとした手間を省けることが小気味いい。

思いついたらiPhoneで

当然ながらMacとiOSのアプリはiCloudやDropboxで同期が可能。
だから、ネタが浮かんだり言葉がよぎったら、とりあえずiPhoneでメモっておいて、後でMacBook Airで書き上げる。
日記エバンジェリストの佐野章核さんは、もっとこまめにやっておられるようだけど、僕は大雑把に言葉を捕らえておく一時的な檻がわり。

ブログ用とは限らない

ブログの下書き用でなくても、普通のエディタとして気持よく文字を打てる。
誰に公開するものでなくても、ひとりで真っ白なディスプレイに向き合って書いていくという作業は気持ちよくて没頭してしまうだろう。
いやむしろ誰にも公開しないものこそ、そうだろう。

ミニマルなブログテーマを選んでへたへたとテキストを打っていることで満足するある種の活字中毒である僕には、これでアレコレ打つだけでケッコー満足。
こうして思ったことを打ち終わってプチ達成感を感じると、ブログとして公開する意味ってものを考えちゃうなぁ…