comment 0

Bose Bluetooth headset Series 2 レビュー 「ココロに音楽を注射しよう」

iPhoneのおかげで、生活に音楽が帰って来た。

そもそも、べったりと音楽に聴き入るわけでもない僕は、ケータイとiPodを2つ持たなければならないことが億劫になりiPodを放置。
別に音楽がなければ死んでしまうわけでもないからと強がっていたものの、こちとら麗しきミッドエイジのど真ん中、花も嵐も踏み越えて…を繰り返すうちにココロがすっかり乾いてしまい、感情がどこかに揮発してしまったようだった。

iPhoneを手に入れたおかげで、音楽を持ち歩けるようになった。
うやうやしくイヤホンをつけられる場面では、音楽を楽しめるようになった。
しかし、日常でココロの渇きを感じる場面は行き帰りの電車の中とは限らない。
だから手軽に音楽を補給できる装置が欲しかった。
あの人目を惹く白いイヤホンではなく、もっとコンパクトなものが。

ヘッドホンやイヤホンでガッツリと長時間音楽につかることが「点滴」であるのなら、このヘッドセットで狙った曲をさっと聴くのは全くの「投薬」というところ。
センチメンタルミッドエイジは、世間に内緒で十代の頃の音楽を補給する。
サクッとサプリのように音楽を注入して、日々刻々と乾いていくココロを潤すのだ。
だから片耳で構わない。
手軽さがあれば。
いや、むしろ片耳の良さがある。
両耳をイヤホンに奪われると世の中に対して愚鈍になる。
世界と遮断されていない方が楽曲が深まる瞬間がある。

高い装着安定性

右耳用と左耳用が別れている唯一の製品だと思う。
それだけ装着感にこだわっている。
そしてそのこだわりは期待を裏切らない。
イヤーフック等なくシリコン素材のイヤーチップだけで耳にしっかりと収まっている。
多少の動きくらいでは、ずれたり落ちたりすることない。
イヤーフックを使わずにこれだけ安定して装着できるヘッドセットは他に存在しないのではなかろうか。
長時間装着していても痛みを感じることはない。
わずか12gという重量とも相俟って、高い一体感は装着していることを忘れてしまう。

この装着安定性の点だけでも、この製品を選ぶべきだと思う。

快適な音質

通話品質は「普通」である。
「普通」というのは、ヘッドセットを介して通話しているということを意識しなくていい状態であるということ
独自技術で環境に合わせて自動調整してくれているようだが、それも本当に意識することもない。

音楽の品質は「とても優れている」
さすがBOSE!
片耳でのステレオ再生というものに全く品質の期待はしていなかった。
ところが、片耳でのステレオ再生ということを忘れるくらい広がりがある。

Bluetoothヘッドセットは新しいものが発売されるたびにアレコレと試して来たが、どれもしっくり来なかった。
満を持してBOSEから発売された「 Bose Bluetooth headset Series 2」とは長いおつきあいが出来そうだ。

Write your message here...