comment 0

Bitcasaがプライバシー的には一番安心できるクラウドサービスなのか?

SkyDriveもOneDriveに生まれ変わり、Google Driveやら定番のDropboxやら、クラウドサービスは百花繚乱。
どれも使い勝手としては大差なく、強いて言えば有料サービスに切り替えた時のコスパに多少の差が生まれるくらいのもの。
しかしちょっと気になる噂を耳にした。
ユーザーが保存している画像などのファイルの内容によって、利用制限やアカウントの削除が行われているらしい。
Dropbox以外では、その事例が発生しているようだ。
特にアレなものをがっつりコレクションしようという野望はないけど、自分が保存していくファイルが検閲されるっていうのも気持ちが悪い。

そこで、最近注目されつつある「Bitcasaをチェックしてみた。

Bitcasa_Infinite_Drive___クラウドの外部ハードドライブ___容量無制限ストレージ

ひとつ目はプライバシーとセキュリティーを確保したストレージです。他の多くのサービスとは異なりエンドツーエンドの暗号化を提供しています。そしてアーキテクチャの中でブロックレベルの暗号化が行なわれています。そしてキーはユーザーが所有しています。私自身でもBitcasaのストレージの中に何が保存されてるかはわからないという状態です。

ユーザーがBitcasaを気に入ってる理由は、容量無制限であることが優先的ではなく、セキュリティーやプライバシーが確保されてること、モバイルのアクセスが非常に容易であること、低価格であるということです。

引用元: 無制限クラウド“Bitcasa”CEOに聞いた 容量よりセキュリティーに重要視.

どうやらプライバシー確保が重要視され、現行ユーザーもそこを評価しているようだ。
それならば、ちょっと本腰入れて試用してみようと思う。
転送スピードも改善されているようだし。

まもなく完成しますが、日本でデータを保有するというデータセンターを実装します。日本のデータは日本に存在して管理をするという、データインフラを東京で構築中です。日本のユーザーのデータがアメリカに行ってまた日本に帰ってくるというわけではなくなります。日本にデータインフラをつくる理由は、性能の向上とプライバシー、セキュリティーの担保のためです。データが東京とサンフランシスコを行き来するときに比べるとかなりのスピードアップが望めます。ユーザーやパートナーと話すとやはりデータを日本に置いときたいということに対して関心が高いということがわかりました。アメリカにデータが置かれるのに比べて安心感があると。

引用元: 無制限クラウド“Bitcasa”CEOに聞いた 容量よりセキュリティーに重要視.

料金体系は次の通り。

Bitcasa_Infinite_Drive___クラウドの外部ハードドライブ___容量無制限ストレージ

お友達を招待していくと一人あたり1GB、最大20GBまで無料で使える

お友だち招待

招待方法はメール、Twitter、Facebookなど。

TwitterシェアFacebookシェア

数少ない友人と、極めて影響力の小さい僕のSNSでなんとか20GBかき集めてみよう。
ちなみに、パソコン版スマホ版アプリのインストールでも合計1GB取得できる。

アカウントアップグレード

Bitcasaを試してみる
Filed under: App

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...