comment 0

BackWPupでDropboxに自動バックアップ!でもクラウドは?

WordPressブログのURL変更の失敗で、とんでもなく痛い目にあったので、きちんとバックアップをとることにした。
BackWPup」をインストールして設定してしまえば後は自動でやってくれる。
こんなに簡単だったら、もっと早く真面目にやっておけばよかった…

関連記事:WordPressブログのURL変更に失敗!Evernoteが救世主!

スケジュールを設定

毎朝6時にバックアップををとるようにした

Add_new_job_‹_ココロクロニクル_—_WordPress

バックアップ先はDropboxへ

Add_new_job_‹_ココロクロニクル_—_WordPress_1

10回分のバックアップ で容量は約2GB チョイ

BackWPup容量

プラグインもバックアップの対象に含めてある。
プラグインの役割を全て正確に把握し、いつでも再インストールできる知識がないからだ。
インストール済みのプラグインのリストだけ保存しておく方法もあるので、そちらを選択すると、もう少し容量が削減できるはず。
ただ、痛い目にあったばかりなので、しばらくは丸ごとバックアップで。
今回の再インストールにあたり、ググりながら思い出しながらの作業は、相当に時間がかかったからねぇ…

問題になってくるクラウドサービス

こうなると「Dropbox」の容量が心配になってくる。
無料版の「BackWPup」では、他に選べるクラウドサービスは「SugarSync」のみ。
BackWPup Pro」にアップグレードすると「Google Drive」も選択できるようだ。
しかし、使いこなせない高機能なバックアップに料金を払うなら、その費用はDropboxの増強に当てたほうがいいはずだ。
それとも、アチコチのクラウドの無料サービスを併用していくのか…

誰かさんとデータをシェアする場面などなく、ただただ個人の便利なバックアップ先としてクラウドを使っていた僕も、いよいよ方向性を定めなきゃいけないようだ。

Dropboxを試してみる

 

クラウドサービスビジネス活用術 [雑誌] (エイムックシリーズ)
エイ出版社 (2014-04-17)
売り上げランキング: 11,450
Filed under: WordPress

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...