Apple Watchをただの時計として欲しい

発表当初は、全くそそられることはなかった。
もうこれ以上、アップデートやら充電やらのお守りが必要なものはゴメンだと。
しかし、シンプルな「時計」という観点で見るとコレは悪くないんじゃないかと思えてきた。

正確な時間表示

時計であるのだから、表示する時刻は正確であるに越したことはない。
手巻きの時計なんかを使っていると、ソレはしばしば狂い出し、おそらくの時間しか教えてくれなくなる。ちょいと放置したりすると、機嫌をそこなったソレはフィクションと言ってもいい数字を表示したりする。
Apple Watchは、こうしたストレスとは無縁だ。
もちろん、日々の充電という介護は必要だが、それさえ怠ることがなければ、本当はいま何時なんだろうとiPhoneで裏をとる作業が必要なくなる。

お前に分刻みの正確さが必要なのかという議題は、次の機会に先送りしておこう。
そして、毎日ネジを巻かなきゃいけない人間であるということは秘密だ。

シンプルで

シンプルなデザインでありながら、文字盤とバンドでカスタマイズできるところも魅力的だ。
状況に合わせてアナログとデジタル表示に切り替えられることも便利そうだし、バンドの付け替えなんて他の時計ではおいそれと手をつけることはできない。
壁紙を日替わりにするような手軽さで、そうしたカスタマイズが行えるのは、ココロをくすぐられる。

Apps & Hack…

だからはっきり言って、iPhoneと連携させてライフハックを充実させたいなんてぇ大それた野望は持っていない。
独自の機能というものにも興味はない。
アレコレの通知も設定に潜って打ち消したい。
ただのシンプルな時計として、旧来の時計ヒエラルキーの外に位置するものとして、自由に気軽に身につけたいのだ。

…いや、一つだけ僕は嘘をついた。
どうしてもやってみたいことはある。
それは、腕時計で通話するというアレだ。
昭和の空想科学少年の残党が、ようやく夢の21世紀にたどり着いたのだ。
あの頃のミライが、今ではApple Storeに陳列されているのだから…

 

Filed under: Apple User

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。