comment 0

Alfred v2でEvernoteも一発検索!

「option + space」で、どこからでも一発起動の「Alfred
無料でも十分便利だが、「Powerpack」と呼ばれる有料のライセンスを購入するとより便利に使い込むことが出来る。

Alfred_App_-_Buy_the_Powerpack
今回は、Workflowsを使ったEvernoteの一発操作のご紹介。
Workflowsとは、キーワードやホットキーから様々なアクションをコントロールする機能。
自作もできるし、世界中のユーザーが作成して公式フォーラムに公開しているものをインポートすることも出来る。
今回は、コチラのEvernote用のWorkflowをインポートして使用した。

Evernote 8.7: Search, Create, Append, Preview, set Reminders… All within Alfred

引用元: Evernote 8.7: Search, Create, Append, Preview, set Reminders… All within Alfred – Share your Workflows – Alfred App Community Forum.

インポート方法は簡単

AlfredのPreferencesを開いてファイルをドラッグするだけ

Workflowsインポート

これでEvernote一発操作の準備はOK!

いつものように「option + space」を叩いて「en」と入力

Evernote Workflows1

操作できる一覧が表示される

そして何より便利なのが検索!

「option + space」の後に「ens 検索語句」を入力

Evernote Workflows2

表示される候補を選択すれば一発表示!

Evernote検索結果_1

これで、放り込むだけ放り込まれて、情報ゾンビの墓場となっていたEvernoteも再び有効活用できそうだ。

Evernoteを試してみる

Alfred App – Productivity App for Mac OS X

 

 

Filed under: Alfred, Evernote

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...