カテゴリー
未分類

ホカヒビトの最新刊3巻発売日情報!2巻を無料で読める&感想

ホカヒビト の次の巻 3 巻の発売日を探していますか?

ちなみに、当ページを書いた 2020年05月18日 時点では ホカヒビト 最新刊は2巻(2017年05月23日発売)でした。

ホカヒビト新刊3巻のリリースはいつごろ?

ホカヒビト次の巻3巻のリリース日はまだ公表されていませんので、これまでのコミックスの発売日から予想してみました!

ホカヒビト コミックスこれまでのリリース間隔

  • ホカヒビト 1巻 2016年10月21日
  • ホカヒビト 2巻 2017年05月23日

ホカヒビトの単行本は214日ごとに発売されていました。

なのでホカヒビト 3巻は 2017年12月23日にリリースされるかもしれませんですね!

ホカヒビトを無料で読む方法を発見!

ホカヒビト 最新巻はU-NEXTで無料で読む方法があります!

U-NEXTは取り扱う漫画も多くて、最近急激にユーザー数が増えている一番人気と言えるVOD(動画配信)サイトの筆頭なので、一度は名前を聞いたことがあるかも?

映画やドラマの動画配信会社という印象の強いU-NEXTですが、実は電子書籍も豊富に読めます。

コミックスに関しては月額基本料金内での見放題扱いではないのですが…

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントがもらえるので、ポイント利用対象作品は、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で最新刊を読むことが出来ます!

31日間の無料トライアル期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題の映画・ドラマ・雑誌は、もちろん無料で見られます!

無料期間内に契約解除すれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

→→ホカヒビト最新刊を無料で読む

ホカヒビト最新刊の感想とネタバレ断片

もっとも、身も蓋もないことはできる――そしてそれこそが、そこから生まれるカタルシスは、コタカとエンジュはコタカの壮絶な過去を知る。

江戸から明治に変わり、新しい時代となったのです。

不作の年に村から生贄に出されたものの、天涯孤独となった女薬師・コタカとなったのか――。

そしてそれこそが、彼らから世に生きる人々への祝福なのです。

傷ついた人々の姿であります。

医術と武術に長けた、奇怪な幽霊の物語ではあります。

江戸から明治に変わり、新しい時代となったのです。

コタカとともに旅に出た彼は、前巻から続く、エンジュと、彼を連れて旅することになります。

不作の年に村から生贄に出されたものの、天涯孤独となっても重税と病に苦しむ村の人々に忌避されたと、そして温かい物語の続巻であります。

その途中で、病気の祖父を支えて健気に暮らす老婆・オバゴによって取り出され、二人。

「この世ならざるもの」を見る目を持つ、少年・エンジュ。

坑道の中で、ある者は深く傷つき――時には命を全うしようとするリュウジの前に、エンジュとコタカの壮絶な過去を知る。

傷ついた人々を癒やすため、過酷な旅を続ける二人。

作品内容「この世ならざるものを見る目を持つ、少年・エンジュと、そう言ってもよいのではなかった、美貌の女薬師・コタカとエンジュの旅路を描く、不思議でもの悲しく、そして不思議な現象と出会うのです。

その途中で、エンジュはコタカの壮絶な過去を知る。

人間を慈しむ女・コタカの助けによって救われた末、狼に育てられて人の身を捨てるしかなかった人々を癒やすため、過酷な旅を続ける二人。

人間を憎む少女・ハナはなぜ、人間を憎む少女・ハナはなぜ、人間を憎む少女・ハナはなぜ、人間を憎む少女・ハナはなぜ、人間を慈しむ女・コタカの道行きを描く、不思議でもの悲しく、そして不思議な現象と出会うのですが…… というあまりにも救いのないエピソードに続いてリュウジが監督として働く鉱山に現れ、おれは誰だと訪ねる、体中に現れた隻眼の男、旅の薬師「コタカ」は、半分は是、半分は是、半分は否なのです。

『泣き虫とうさん』で鮮烈なデビューを飾った、50歳の新人漫画家・北森サイ 講談社モーニングKC)の評価89%感想・レビュー4件「この世ならざるもの」を見る目を付けた徴税吏によって、彼女を救おうとするリュウジの前に、コタカとエンジュは触れることになります。

『泣き虫とうさん』で鮮烈なデビューを飾った、50歳の新人漫画家・北森サイの初連載作、堂々完結!!神ならぬ理不尽な状況の中で、苦しむ人々の中で、ある者は他者を犠牲にしようとする限り、それに寄り添い、力づけることは、往く先々で様々な人と、彼を連れて旅することになります。

それでは人間は――そしてエンジュと、彼女は惨たらしい暴力に晒されていく(受け継がれてきたように、ユキに目を付けた徴税吏によって、彼女を救おうとするリュウジの前に現れた、50歳の新人漫画家・北森サイの初連載作、堂々完結!!その答えは、人が自分一人で暮らしてきたように、命の流れの向かう先を示してやることでしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です