comment 0

デジタル時代の「死んだらどうなる?」(1)今すぐ準備を!

Mac Fan 2014年9月号 [雑誌]

Mac Fan 2014年9月号 [雑誌]

posted with amazlet at 14.08.02
マイナビ (2014-07-29)
売り上げランキング: 105

Mac Fan 2014年9月号に気になる記事を発見、思わず手にとった。

『特集 3 デジタル時代の「死んだらどうなる?」
今のうちに考えておくべき「形のない資産」の遺し方・消し方』

2015年1月1日に施行される相続税の改正によって、最近はちょっとした相続対策ブーム。
改正によって、これまで相続税の納付に無縁だったヒトたちにもそれが及ぶ可能性が高まったからだ。
身内の死亡という事実にともなって、相続税という現金を支払う必要が出てくるという事実。
ちょっと前からブームになっているエンディングノートによるカジュアルな故人の意思表示、増加しつつある「おひとりさま」の法定相続に委ねたくない気持ちの尊重などが相俟って、関心の高まりとそこをターゲットにしたビジネスが生まれつつある。

そんな中、これからの世代が考えていかなければならないのがデジタル資産をどう処理するか?という点だろう。
ちょっと前なら、デジタル資産といってもせいぜいPCのハードディスクや記憶媒体のみで、残された家族がそれを物理的に処分してしまえばそれで終了。
もう誰からもアクセスされることなど考える必要もなかった。
しかし今では、無料で使えるクラウドの乱立、けっこうな個人情報を蓄積したSNS、アメブロのおかげで書くことが特殊でなくなったブログ等々、個人の蚊帳の外に情報が保管されている。
また、スマホの普及で、ガラケーとは比べものにならないくらいのパーソナルな情報も記録されている。
見せたいもの見せたくないものは、個人が生きている限り、その管理はどうとでもなる。
しかし本人の死後は、その設定は一切いじれない。
残したいと思っていたものが一括削除されてしまったり、見せたくなかったものが公になって苦い思いまで味わせてしまったりすることになる。
そういう事態を避けるためには、あらかじめの準備が必要だ。
いざその時が近づいたら準備しようでは間に合わない。
自分の死期を把握して死ぬ人間など一握りしかいない。
それにしたって、気づくのは直前でしかないのだから…

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101
コクヨ (2010-09-01)
売り上げランキング: 26
Filed under: 独白

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...