comment 0

さよならFacebook!さよなら実名!完全削除で潜ります!

広がり始めた頃にアカウント登録はしたものの、イマイチ使いこなせなかったFacebook。
個人ブランドで商売もしておらず、「リア」が「充」でもない人間には、使うメリットも楽しみも見いだせなかった。
Tumblrのほうが居心地がいい人間には、そもそも水の合わない世界だったのかもしれない。
ここんとこはほとんど使っておらず、田舎の錆びたブリキの看板のように、メンテナンスもされず誰にも見られることのない状態だった。
ただただ惰性で放置していたけれど、ようやくアカウントを削除する決心がついた。

削除する理由

1.Google+が実名以外で使用できるようになった

Google+が実名ポリシーを完全に撤廃し、好きなプロフィール名を名乗れるようになった。

関連記事:Google+のやり直し(1)実名ポリシー変更でプロフィール名を変更

早速、Google+のプロフィール名は変更したので、ネット上の実名アカウントはFacebookのみとなった。
Googleアカウントはないといろいろ不便だが、Facebookアカウントはなくても困らない。
GoogleアカウントにGoogle+の登録は必須ではないし、SNSとしての風土は違うが、ちょっとテコ入れして使ってみようと思う。
自分の死後のアカウント管理という点でも、Googleはアカウント無効化ツールで自動削除出来るのに対し、Facebookは遺族の手続きが必要
別に余命宣告を受けたというわけではないのだけれど、アレコレ考えて無料だからと取得しまくったアカウントを整理中の僕には、どうしてもFacebookアカウントを存続させる魅力は感じられなかった。

2.Anonymousの忠告

ちょっと前、AnonymousがFacebook抹殺を呼びかけていた。

「Facebookは政府機関に情報を売り渡し、情報セキュリティ企業にこっそりアクセスさせて、彼らが世界中の人々を監視できるようにしている」と主張。さらに「もし自分のアカウントを削除したとしても、個人情報は全てFacebook上に残り、いつでも復元できる」などと述べ、Facebookのユーザー情報管理の在り方を批判した。

引用元: ハッカー集団Anonymous、「Facebook抹殺」を予告 – ITmedia ニュース.

別にAnonymousの忠告にビビったわけではないけれど、気持ち悪いことはいくつかあった。
Facebookには公開していないinstagramのアカウントが、Facebookのお友達にフォローされ始めたり、見ず知らずのガイジンからお友だち申請が来たりした。
お間違いじゃないですか?とメッセージを送ったら、「あなたの方から申請が来たのよ!」と返事が届いた。
もちろん、僕はそんな申請はしておらず、誤操作も何もしばらくログインさえしていなかったんだから。
お互い忘れましょうってことで終わったけれど、薄気味悪さはしっかりと残った。

そして、Facebookが密かに実験を行っていたことも明るみになった。

交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックの研究者が2012年に一部の利用者を対象に実施した心理学の実験が物議を醸している。被験者が読む投稿を事前に説明せずに操作していたことが明らかになり、「倫理的に問題だ」などの批判が殺到。同社は6月末に謝罪した。

引用元: 米フェイスブックが謝罪、投稿操作し心理実験 :日本経済新聞.

これはこれで衝撃だったが、それについてのコメントももっと衝撃だった。

フェイスブックは被験者への事前説明がなかったことについて、利用者がサービスを利用する際に同意する「データ利用に関するポリシー」の範囲内だと主張している。

引用元: 米フェイスブックが謝罪、投稿操作し心理実験 :日本経済新聞.

「読んでるよね?」
と言われればそれまでだけど、もちろん読んでいない。
目を通すくらいはしたけれど、熟読して様々なシチュエーションを想起するなんことするわけない。
もちろん、その他のネットサービスも舞台裏がどうなっているかなんてわかりようもないけれど、Facebookは実名と直結ってところがアレだよね…

削除方法

iPhoneからでも操作できるという話も耳にしたけれど、作業中に止まってしまい進めなくなった。
だからMac上で作業した。
削除する前に、顔写真がらみは全て削除。
いちおーメアドもいつ捨ててもいいものに事前に変更した。
念には念を入れ、名前も変更した。
「完全削除」されるはずだけど、念のため。
アカウント削除してしまうと、当たり前だけど、アクセスできなくなるので、その前にもろもろ削除しておいたほうが精神衛生上はよろしいかと。

1.メニューバーから「ヘルプセンターを見る」をクリック

Facebook削除2

2.「アカウントの管理」をクリック

Facebook削除3

3.「アカウントの利用解除、削除、追悼」をクリック

Facebook削除4

4.「自分のアカウントを完全に削除するにはどうすればよいですか」をクリック

Facebook削除5

 5.「お知らせください」をクリック

Facebook削除6

6.「アカウントを削除」をクリック

Facebook削除7

7.これでOK!

Facebook削除9

8.システム環境設定の「インターネットアカウント」でも削除

Facebook削除12

これでOK!
いちおーネット上では、僕の実名のアレコレは存在しなくなった。
リアル世界のしがらみも完全削除と行きたいところだけど、コレばっかりは、どんなにググってもその方法は見つけられない…

Filed under: SNS

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...