伝え方が9割.001
comment 0

「伝え方が9割」佐々木圭一 レビュー 「いつかの決め球のために」

感動するコトバにはレシピがある。
感動する美味いラーメンにレシピがあるように。

コミュニケーションが苦手で機械工学を専攻していた筆者が、大手広告会社に入社したばっかりにコピーライターに配属されてしまう。
あまりの文章の下手さにまわりに驚かれ、ボツの山に感じる自分の無価値さからプリンの過食に溺れ、一年で10kgも体重を増加。。。
「コトバは才能で決まる」と思っていた筆者が、もがきながらある時気づく。

「心を動かすコトバには、法則がある」

この本は筆者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論が整理されており、誰でも「コトバをつくれる」よう体系化してある。
その方法論はシンプルで、あらゆる場面ですぐに活用できる。

思ったことを言わなければ何も始まらない。
しかし、言ったことが伝わらなければ、これまたセカイは微動だにしない。
伝えることは「人生を前に進ませ、夢をかなえる鍵を手に入れる」ことであると筆者は言っている。

人生で直面する「結果」というものには運がついて回る。
どれだけ自分の思いが伝わろうとも、望むような「結果」が得られないこともあるだろう。
ただしかし、本当に伝えたいことが、自分の「ココロ」が、伝わらずに直面する負けはとうてい受け入れられない。
150kmのストレートを持ちながら、一球も投げれずに敗戦投手になってしまうようなものだ。
だからこの本の方法論で、フォームを学び、キャッチボールを始めるべきだろう。
いつかむかえる世紀の一戦で、その150kmのストレートを決め球にするために。

伝え方が9割

伝え方が9割

posted with amazlet at 14.04.16
佐々木 圭一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 198
Filed under: book

About the Author

Posted by

「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」Reblogger in Tokyo

Write your message here...