スターバックス 今年もシーホークスのプレイヤーがバリスタに!

スターバックスもシーホークスも同じくシアトルを本拠地とする仲間。
去年のPLAYOFFで盛り上がってるころには、チームカラーを身につけたお客さんには、12セントでコーヒーを振る舞ったりしていた。
そして今年も、ヘッドコーチのピート・キャロルとプレイヤーが即席バリスタで店舗に登場した模様。

A Better Seattleという、青少年をギャングや暴力から守るためのコミュニティ活動の一環で行われているようだ。

The Coach and several Seahawks players donned Starbucks iconic green aprons to serve as guest baristas at 10 store locations. The appearances were part of the efforts by Starbucks and the Seahawks to raise funds for A Better Seattle – Coach Carroll’s community initiative to reduce youth and gang violence. Through outreach workers in several Western Washington communities, A Better Seattle provides education, resources and opportunities.

引用元: Grande Excitement as Seahawks Become Starbucks Guest Baristas | Starbucks Newsroom.

狭い店舗で頭をぶつけそうになりながら、注文をさばき、サインに応じ、写真撮影にもにこやかに応じる。
ファンも大喜びだが、やってる彼らも楽しそうだ。

スターバックスもシーホークスも共通しているのは、ファンを大事にするところ。
NFL随一のクラウドノイズを誇るシアトルの秘密は、こんなところにあるのかもしれない。

Wonder if anyone ever found this @petecarroll signed @Starbucks cup sitting on the drive-thru sill.

引用元: seahawksさんの写真.

ピート・キャロルがサイン入りカップをこっそりドライブスルーに置いてきたようだけど、もう誰か見つけただろうか…

Filed under: NFL, Starbucks

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。