「ジェットストリームSafari」と「測量野帳」というマスターピース

あと二呼吸もすれば終わってしまう2014年。
良くないことは両手両足の指を足しても数えきれないくらいあったが、良いことも片手で足りるくらいとは言え確かに存在した。
そのうちのひとつが、ペンとノートのマスターピースが決まったこと。
ささやかではあるけれど、長年ずっと他に何かないかと探し続けていた僕には、大きな出来事だった。

「ジェットストリームSafari」と「測量野帳」

この2つの組わせで、ニチジョーのメモ、ノート、等々の作業は快適にカバーできるようになった。
運命の人に出会えることが出来たなら、次を探す放浪からは解放される。

1.ジェットストリームSafari

僕がそう便宜的に呼んでいるものは、ジェットストリームインクを「LAMY Safari ローラーボールペン」に装着したもの。
以前書いた記事には、継続的に一定のアクセスがあって、同様のニーズを持つヒトが多いことが実感できる。

ジェットストリームインクをLAMYのsafariで使う方法 | ココロクロニクル
関連記事
その後の使い心地はどうか言われれば、無問題。
快適に使い続けている。
当初、ジェットストーム 4&1の書き味の軸のバランスとの違いに、少しだけ違和感があったが、今はそれもまったく感じない。
この間、久しぶりにジェットストーム 4&1を引っ張り出してみたけれど、最早コチラのほうに違和感を感じるようになってしまった。

ゲン担ぎで決めたホワイトという色も、ずっとお気に入りのまんま。
汚れがつきやすいという弱点はあるけれど、だからといって他の色に変える気にならない。
もし、あまりにも汚れてしまったら、またホワイトを買い直すとおもう。

しかし、2015の限定カラーで良い色が発売されたら、バリエーションとして買い足すかもしれないなぁ…

引用元: GMSANTAGUIDA.COM – Blog, Here is a checklist I made! I am a huge fan of the….

2.測量野帳

測量野帳との関係も引き続き良好。
ジャケットの内ポケットで本当に邪魔にならないので、入れっぱなしで気にならない。
普段はカバンに入れといて、必要なときにはポケットに入れ替えて、なんていう作業も必要なくなった。
測量野帳とジェットストリームSafariの組み合わせは、内ポケットで存在を消すように静かに収まっている。

測量野帳「初ヤチョー」レビュー 「iPadの画面がポケットに」 | ココロクロニクル
関連記事
横に倒して縦開きで使うという以外は、相変わらず何のハックもルールもなく気軽に使ってる。
振り返ってみると、走り書きしたビジネス上の重要なメモから、形式だけのMTG中に暇つぶしで大変ていねいに書かれた落書きまで、広範囲に渡ってる。
残しておきたいものは、EvernoteかDay Oneに移してしまえば、あとは捨ててもかまわないような気軽さだ。

Day One 日々のささやかな喜びと折り合いのために | ココロクロニクル
関連記事
安さのおかげで、書くことの敷居も低く、コレは書くか書かないかなんてことも考えることなく、パッと開いてサクッと書ける。

メモを取る、ノートを取る。
サクッとスピーディーに情報を記録しておきたい時から、あらゆるディスプレイを遠ざけて、紙と向き合いながら自分のアレコを引きずり出す時まで。
「ジェットストリームSafari」と「測量野帳」は、なんの気遣いの必要もなく、肌身から離れることなくそばにいてくれる。
僕にとってのマスターピースは、やっぱりカジュアルな方がしっくりくるようだ。
iPhoneやMacBook Airのように、自分にとってのマスターピースに出会ったときの満たされる気持ちというのは、なんともうまく表現できないけれど。
iPhoneやMacBook Airのように、アップデートしなければ陳腐化していくわけではないので、この2つの組み合わせとは長くつきあえそうだ。

コクヨS&T 測量野帳スケッチ白上質 40枚×10
コクヨ
売り上げランキング: 1,051
三菱鉛筆 ジェットストリーム(0.7mm) 黒 SXN15007.24
三菱鉛筆
売り上げランキング: 12,297
Filed under: Stationery, 測量野帳

About the Author

Posted by

Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。iPhoneとMacBookを使いこなすどころか逆に使われっぱなし。ミニマルなブログに挫折してアンプラグド・ブログを運営中。